ECOなクラボウ。

オートフォーム
日経産業新聞 2006.3.15 掲載

ECOなクラボウ  シリーズ6 エレクトロニクス事業部
 
抹茶は、細かな泡でマイルドに。
「泡」で、薬品・エネルギーを30%削減。
抹茶は、茶筅(せん)で細かな泡を立てるほど、カテキンなどの渋味や苦味が泡に包まれて緩和され、味がまろやかになります。泡は均一な空気の集合体なのですね。この泡の性質を利用したのが、クラボウのオートフォーム。車のシートや内装材、カーテン、カーペットなどに泡で薬品をムラなく塗布して、撥水、吸水、遮光などの新機能を加えます。薬品を空気で希釈するので、最小限の量で均一に無駄なくコーティング。水での希釈に比べて薬品、水、乾燥エネルギー、廃液も30%以上削減。環境負荷を減らしながら差別化商品が開発できる、注目の装置です。こんな新しい製品や技術が忘れかけた暮らしの知恵と結びついたとき、地に足がついた本物のエコが生まれるかも。クラボウはそう考えています。


この広告に関するご意見、ご要望をお聞かせください。 クラボウ 広報グループ E-mail:pr_grp@kurabo-grp.com

シリーズ広告ギャラリートップへ
PAGE TOP