ECOなクラボウ。
シリーズ14
環境家計簿
詳細はこちら

環境家計簿
日経産業新聞掲載

ECOなクラボウ  シリーズ14
 
お風呂のお湯は、皆で使う。
社員が、「環境家計簿」でエコライフ。
日本の風呂の原型は、少しの水でも効率がよい蒸し風呂だそうです。大正時代から五右衛門風呂などが家の中に設けられてからも、貴重な水や燃料を無駄にしないように、お湯を家族みんなで使う日本ならではの入浴スタイルが続いています。環境に配慮した企業活動を行っているクラボウでは、社員の一人ひとりが環境にやさしいエコライフを家庭でも実践するために「環境家計簿」を配布。電力・ガス・水道・ガソリンの使用量や料金を記録して、生活スタイルを見直し、地球温暖化の原因・CO2の排出削減を目指しています。こんな新しい活動が忘れかけた暮らしの知恵と結びついたとき、地に足がついた本物のエコが生まれるかも。クラボウはそう考えています。
詳細はこちら


この広告に関するご意見、ご要望をお聞かせください。 クラボウ 広報グループ E-mail:pr_grp@kurabo.co.jp

シリーズ広告ギャラリートップへ
PAGE TOP