シリーズ20
住宅用外装化粧材 超木
化成品事業部

住宅用外装化粧材 超木
日経産業新聞 2004.3.29 掲載

ニュースなクラボウ。  シリーズ20 化成品事業部
 
暑さ寒さに、太らずやせず。
全身シャープでダンディだ。
ガラスクロスをインサート補強成形した
複合樹脂で、寸法安定性に優れた外装化粧材。
住宅のモールや幕板、破風などで、住宅メーカーから高い評価を得ている「超木」。クラボウ独自の複合樹脂発泡押出成形技術が実現した合成木材です。いつまでもシャープで美しい耐久性と耐候性、さらに現場に配慮した軽量性、強度、加工しやすさ、そしてコストパフォーマンスなど、木の長所を取込みながら木にはない特性も備えています。なかでも、芯材にガラス繊維の織布を一体強化成形したガラスクロスインサート素材は、特許技術で太陽光や雨雪など厳しい外部環境でも、伸び縮み、たわみ、ねじれなどの変形がほとんどなく、10年以上の実績を誇っています。


この広告に関するご意見、ご要望をお聞かせください。 クラボウ 広報グループ E-mail:pr_grp@kurabo-grp.com

シリーズ広告ギャラリートップへ
PAGE TOP