シリーズ27
エコ・トーン
羊毛事業部

エコ・トーン
日経産業新聞 2004.10.25 掲載

ニュースなクラボウ。  シリーズ27 羊毛事業部
 
ポリフェノールで繊維が発色。
染料不要の、ウルトラ技だ。
天然由来成分なので、安全性が高く、環境負荷を
大幅に削減。人と地球にやさしい着色の新技術。
繊維や生地の染色、特に黒や紺という濃い色は合成染料に頼らざるをえず、環境への影響も少なくありません。人と地球の環境を考えるクラボウは、福岡県と共同で、染料を使わない羊毛着色技術の開発と量産化に成功し、特許も共同で出願済み。お茶やワインなどでおなじみのポリフェノールを動物繊維の蛋白質と反応させて、繊維自身を発色させる画期的な新技術です。安全性はもちろん、排水などの環境負荷を大幅に削減。「エコ・トーン」の商品名で、黒と紺のウール生地のテスト生産を開始し、黄色、ピンクなど多彩な発色、絹や皮革、セルロース系繊維への応用も研究開発中です。


この広告に関するご意見、ご要望をお聞かせください。 クラボウ 広報グループ E-mail:pr_grp@kurabo.co.jp

シリーズ広告ギャラリートップへ
PAGE TOP