シリーズ48
熱可塑性ポリイミドフィルム
化成品事業部

熱可塑性ポリイミドフィルム
日経産業新聞 2006.3.26 掲載

ニュースなクラボウ。  シリーズ48 化成品事業部
 
基板の接着・絶縁・補強、
1枚で3役。
熱で溶融するポリイミドフィルムだから、
フレキシブル基板を接着・絶縁・補強。
携帯電話やデジカメなどの小型化、薄型化を支えるフレキシブルプリント基板。中でも耐熱性、電気絶縁性に優れたスーパーエンプラフィルムのニーズが高まっています。クラボウは、これまで押出成形による多様な機能性フィルムを展開。その押出技術と原料の調合ノウハウをベースに、スーパーエンプラフィルム事業に参入します。その第一弾は、熱可塑性ポリイミドフィルム「Midfil(ミドフィル)®」。厚物シートから極薄フィルムまで幅広く対応でき、加熱で溶融するので、3次元化や回路埋め込みなどの2次加工が可能です。熱接着性を活かした多層フレキシブルプリント基板の層間接着絶縁材や補強板などへの展開が期待されています。


この広告に関するご意見、ご要望をお聞かせください。 クラボウ 広報グループ E-mail:pr_grp@kurabo-grp.com

シリーズ広告ギャラリートップへ
PAGE TOP