シリーズ50
エアーフレイク
綿合繊事業部

エアーフレイク
日経産業新聞掲載

ニュースなクラボウ。  シリーズ50 綿合繊事業部
 
カモの胸毛そっくり、
バイオミメティックマテリアル。
ダウンのような軽さ、ふくらみ、保温性。
抗菌、防炎などの機能付加も可能。
クラボウは、羽毛の最高級品といわれる北極圏に生息するカモの胸毛(アイダーダウン)を分析して、バイオミメティックマテリアル(生体模倣材料)として繊維での再現に成功しました。(特許出願中)この「エアーフレイク」は、ダウンボールに類似した単一構造なので、フェルト化現象が起こりません。軽量で高い保温効果があり、水を吸っても乾燥が早く、元のふくらみに戻ります。構造体のサイズや密度の調節ができ、ポリエステルをはじめ、アクリル、ナイロンなどさまざまな繊維での製造も可能。抗菌、防炎などの機能が付加できます。充填材、フィルター、保温・断熱材など、産業資材として多様な展開が期待されます。


この広告に関するご意見、ご要望をお聞かせください。 クラボウ 広報グループ E-mail:pr_grp@kurabo-grp.com

シリーズ広告ギャラリートップへ
PAGE TOP