製品・技術

  • 製品・サービス
  • カタログ・取扱説明書
  • 製品FAQ
  • 技術情報

製品・技術 製品・サービス

核酸自動分離装置

製品・サービス

DNA自動分離装置

GENE PREP STAR PI-480

< 前ページへ戻る

アプリケーションデータ

プラスミド ・ 大腸菌からのプラスミド分離

サンプル種  :E.coli JM109/pUC18
サンプル量  :2.0ml (2×YT培地)
運転条件   :プラスミド分離プロトコール
電気泳動条件:DNA溶解液100μl中5μlを泳動

M  :λ/HindIII size marker
1~8:分離サンプル

プラスミド ・ BAC分離サンプルの制限酵素処理

サンプル種:E.coli DH10B / pBeloBAC clone
反応条件 :DNA溶解液6μlに、制限酵素10unitsを加え、至適
        反応温度にて3hr反応。
A:3.0ml 由来(2×YT培地)
B:1.5ml 由来 (2×YT培地)

M:λ/HindIII size marker
C:undigested
1:Not I 2:EcoRI 3:HindIII

プラスミド ・ 分離プラスミドの塩基配列分析

塩基配列解析条件:ABI PRISM® BigDyeTM Terminator
            Cycle Sequence Ready Reaction Kitの
            取扱説明書に沿って処理。

鋳型量   : 300ng
プライマー : -21M13
解析装置 : ABI PRISMTM310

動物組織DNA ・ マウステールからのDNA分離

サンプル量  :テール部分 約10mg
前処理     :プロテナーゼKを用いて55℃ 14hr反応
運転条件   :動物組織DNA分離プロトコール
電気泳動条件:DNA溶解液100μl中5μlを泳動

M  :λ/HindIII size marker
1~8:分離サンプル

動物組織DNA ・ 制限酵素処理

反応条件  :分離ゲノムDNA約1μgに10unitsの制限酵素を加え
         至適温度にて15hr反応。

M:λ/HindIII size marker
C:undigested
E:EcoRI
K:KpnI
S:SacI
B:BamHI
電気泳動条件:反応液50μl中20μlを泳動

動物組織DNA ・ PCR増幅

鋳型DNA   :各200ng
増 幅     :35Cycles
標的遺伝子  :ICAM-1 (535bp)
電気泳動条件:反応液25μl中10μlを泳動

M  :φX174/HincII size marker
C+ :Positive control
C- :Negative control
1~7:増幅産物

植物DNA ・ イネ葉からのDNA分離

分離サンプル量:イネ葉 約100mg
前処理      :粉砕装置"SH-48"にて粉砕
運転条件    :植物DNA分離プロトコールVer.2にて分離
電気泳動条件 :DNA溶解液100ul中5ulを泳動

M  :λ/HindIII size marker
1~8:分離サンプル

Page Up