コンクリートの構造物の
クラック検知ツール住宅・土木

コンクリート構造物のクラック検知ツール KK CRACK SENSOR NETIS登録番号 KK-14002-A

コンクリート構造物の微小なひび割れ(クラック)を目視で簡単確認!

予めコンクリート構造物の表面に貼り付けて使用します。定期点検時にはシート表面の変化状態を目視することで、ひび割れの位置および幅の拡大状況を検知することができます。

コンクリート構造物のクラック検知ツール

特 長

見た目で検知!

ひび割れの微小な動きに反応!

測定機器・電源不要でモニタリング!

20m先からでもひび割れチェック!※

閉じたひび割れ箇所もわかる!

※晴天時の昼間に、屋外でひび割れ幅0.6㎜相当の変状が現れたKK クラックセンサ®のサンプルを橋梁の桁部に取り付け、20m離れた地上からKK クラックセンサ®の変状を肉眼で確認しました。

用 途

橋や高速道路・鉄道などの高架橋(RC橋・PC橋)、トンネル・マンション・電柱など、コンクリート構造物全般のひび割れの点検に活用できます。

用途例
  • すでに発生したひび割れの進行状況のモニタリング
  • 新設の構造物に予防的に設置
  • 補修後の再劣化モニタリング
特 許
特許第5567057号 倉敷紡績株式会社、中日本高速道路株式会社、国立大学法人名古屋大学、川崎重工業株式会社の4者による特許を登録済みです。

関連情報

特 長

1. 見た目でわかる
特長1

コンクリートにひび割れが発生、あるいはひび割れ幅が拡大することによりセンサに引張力がかかると「KK クラックセンサ®」表面に変化が現れます。「KK クラックセンサ®」表面の変化によりひび割れの実際の進行具合を目視である程度推定することができます。


2. 微小なひび割れにも反応
特長2

「KK クラックセンサ®」は、0.15㎜~0.60㎜までのひび割れ拡大幅に反応し、センサの色が白色に変化します。ひび割れ幅が大きくなるにつれ、色の面積が大きく濃くなるため、目視でも簡単に確認することができます。

※ひび割れ感度が、1㎜~5㎜のタイプもあります。


3. “隠れクラック”も見逃さない。
特長3

「KK クラックセンサ®」は、一度変化すると元に戻らないため、ひび割れ拡大の記録を残し、構造物への荷重変化によりひび割れが閉じた場合でも、ひび割れ幅を簡単に確認することができます。


4. 特殊な測定機器・電力源不要。

目視で簡単に確認することができるため、特別な測定機器や電力源などは不要です。


5. 施工も簡単。
特長5
クラック検知ツール「KKクラックセンサ®」販売キット
クラック検知ツール「KKクラックセンサ®」販売キット

施工キット 専用プライマー、接着剤、塗料を同梱した施工キットでお届けします。

〈内容物〉
  • KK クラックセンサ®シート
    (標準サイズ:幅20mm×長さ800mm)10枚
  • 専用プライマー
  • 専用接着剤
  • 黒顔料
  • 専用クリア塗料(耐候性)

製品情報

素材から探す

オイディス Oidys 低誘電性絶縁材耐熱ポリスチレンフィルム


PAGETOP

お問い合せ