企業情報

企業理念

経営理念・行動基準 社是・社訓・社章 クラボウグループ倫理網領

クラボウグループ倫理綱領について

平成18年3月9日

社 長 

 当社は明治21年の創業以来、「謙受」、「同心戮力」の精神のもと、常に社会との関係を意識し、倫理にもとることのない企業活動を行い、社会に対して価値を生み出すメーカ-として認められてきた。

 平成10年には、経営理念「私たちクラボウは、新しい価値の創造を通じて生活文化の向上に貢献します。」の実現のため、国の内外を問わず、全ての法律、ル-ルおよびその精神を遵守し、社会的良識をもって行動をすることを改めて確認し、当社行動指針である「クラボウ倫理綱領」を定めた。

 社会の発展とともに、より自律的な企業活動が求められるなか、企業の評価がグループを単位として行われていることから、個々の企業はもとより、グループ全体として倫理ある行動を行わなければならない。

 このような社会の要請に積極的に応え、グループとしての存在価値を確固たるものとすべく、当社創立118周年の記念日を機に、クラボウ倫理綱領を見直し「クラボウグループ倫理綱領」とし、グループとして倫理ある企業活動を行うこととする。

以 上

クラボウグループ倫理綱領

制定 平成10年11月1日

改訂 平成18年 3月9日

     
  1. 社会的存在価値のある企業グループを目指します。
  2. すべての法律、ル-ルおよびその精神を遵守するとともに、社会的良識をもって行動します。
  3. 安全で質の高い製品、サ-ビスを開発、提供します。
  4. 人格、個性を尊重し、安全で働きやすい職場環境の維持をはかります。
  5. 地球環境保全の重要性を認識し、環境に配慮した事業活動を行います。
  6. 株主はもとより、広く社会とのコミュニケ-ションに努め、企業情報を適時、的確に開示するとともに、個人情報および顧客情報の保護に配慮した事業活動を行います。
  7. 「良き企業市民」として、社会貢献活動に努めます。
  8. 反社会的勢力、団体に対して毅然とした態度で対応します。
  9. 海外における事業活動は、その国の文化、慣習を尊重し地域の発展に貢献します。
  10. 経営トップは、クラボウグループ倫理綱領の実現が自らの役割であることを認識し、その徹底をはかります。
  11. クラボウグループ倫理綱領に反するような事態が発生したときには、経営トップ自らが問題解決にあたります。
PAGE TOP