KURABO Textile Business Division
KURABO English
繊維事業部

お問い合わせ Site Search

商品検索 展示会情報 環境への配慮 事業部について
展示会情報
Contents Navigation
最新イベント情報
展示会レポート
2018クラボウグループ繊維展 歓びと驚きをお客様へ。Your Best Partner - KURABO
2018クラボウグループ繊維展 歓びと驚きをお客様へ。Your Best Partner - KURABO
2017クラボウグループ繊維展 歓びと驚きをお客様へ。Your Best Partner - KURABO
2016クラボウ繊維事業部展 Your Best Partner - KURABO
2014年クラボウ繊維事業部展 MOVE
2014年クラボウ繊維事業部展 MOVE
2013年クラボウ繊維事業部展 FEEL!
2012クラボウ繊維事業部展RISE
2011 繊維事業部展With
2011 2010 春・夏繊維事業部展BENEFIT
2009-10 秋冬繊維事業部展 Next
2009 春・夏繊維事業部展 Origin
2008-09 秋・冬繊維事業部展 NATURE BALANCE
2007-08 秋・冬繊維素材展 SIMPLE CONSCIOUS
エコプロダクツ2006
2007-08 秋・冬繊維素材展 SIMPLE CONSCIOUS
2007春・夏クラボウ繊維素材展 SIMPLE PLUS
エコプロダクツ2005
2007 秋・冬素材展 WARM WITH
2006 春・夏素材展 Fabric Garden
エコプロダクツ2004
2005-06秋・冬素材展 Natural Harmony
 
展示会レポート
2006 春・夏素材展 Fabric Garden ナチュラルで機能的、そして人や地球にもやさしく2006年春・夏シーズンに向けてクラボウが提案した素材は、これからのLOHAS(ロハス/ローハス)なライフスタイルをかなえます。
 2005年5月26日、27日の2日間、サンライズビル(東京)において、「2006年春・夏クラボウ繊維素材展」を開催しました。
 便利で快適な生活を求める一方で、健康や環境に配慮するといった「LOHAS(ロハス)」なライフスタイルを選ぶ人も増えています。こうした時代のニーズに応えたクラボウ繊維素材展のテーマは「ファブリック・ガーデン」。「天然素材の優しさ」と「高い技術力に支えられた機能性」を兼ねそなえた、クラボウならではの、ナチュラル・ファブリックをご提案しました。会場のメインとなる2つのコーナーには、ナチュラルをキーワードに、さまざまな素材が紹介されました。

■Natural Relax/ナチュラル リラックス
心とカラダをリラックスさせる、やさしい風合いとナチュラルな色調の素材。天然原料の特長を最大限に引き出しました。
「エイジアンウェイブ」、「グリストーンW」、「ナチュラルフロー」、「ナノミルド」、「ハイブリッドラミー」、「草木布」など。

■Natural Technology/ナチュラル テクノロジー
コットンなどの天然繊維に、着心地や使いやすさを追求した実現する機能性をプラスした、機能的で環境にやさしい素材をご提案しました。
「ユニバーサルバランス」、「ウォッシュエンドライ」、「ファネック」、「グリーンペット」、「バイオネイチャー」など。

 厳選された天然繊維の組み合わせにこだわりつつ、技術と知恵を結集して開発された、クラボウの繊維の良さを、ご来場された皆さまにご体感いただくことができ、大変充実した2日間となりました。
快適性
天然繊維コットンが抱える難点のひとつ、洗濯・乾燥による毛羽立ちやシワを軽減し、一体型洗濯機にも対応させた「ウォッシェンドライ」。
「セーフベール」は特に黄ばみの原因となる皮脂汚れに対して高い除去率を持つ新防汚加工素材です。
コットンのやさしさをそのままに着心地の快適性を追求した、ハイブリッド・ストレッチ素材「ユニバーサルバランス」は、「洗い加工」にも適した素材です。
洗い加工
ハンドメイド感覚のコットンをモダンに進化させ、手触り感を生かした「エイジアンウェイブ」、従来にないナチュラルできれいなフェイド感を表現できる、染料顔料の差別化加工素材「グリストーンW」、毛羽が少なくソフトできれいなムラ感のある素材「クリアスカイ」、ストーンウォッシュと染色技術の融合から生まれた加工素材「フェデムス」など、洗い加工後の表情や風合いをさらにナチュラルに、さらに美しく表現する素材をご紹介しました。
エコロジー
デュポン社の加水分解 / 生分解ポリエステル(バイオマックス)を使用した、土に還る素材「バイオネイチャー」や、天然繊維とコットンで作られた素材「植物楽園シリーズ」など、独自の技術で開発したエコ素材をご紹介しました。 トピックスとして展示された「愛・地球博」の会場サービスアテンダント・ユニフォームの夏服素材に採用された「植物楽園 バンブーコットン」は来場者の方々の注目を集めました。
Up
サイトマップ