KURABO Textile Business Division
KURABO English
繊維事業部

お問い合わせ Site Search

商品検索 展示会情報 環境への配慮 事業部について
トピックス
NewsList
'15/03/16
「2014年日経優秀製品・サービス賞」表彰式が開催されました。「KK クラックセンサ®」が最優秀賞 日経産業新聞賞を受賞!
'14/10/01
“ふんわり、あたたか 贅沢な寝ごこち”「エアーフレイク掛け布団」の販売について
'14/03/20
「CLEANSE®/クレンゼ®」の開発経緯が2014年2月の繊維ニュースに掲載されました。
'13/07/24
2013年度文部科学大臣表彰を受賞された二川教授による記念講演会「固定化抗菌成分Etak®(イータック)とクレンゼ®について」を開催
'13/04/25
PARCO×文化服装学院×KURABOの期間限定ショップ『en』 (3/20-25)
'12/12/10
抗菌・抗ウイルス製品を災害時にも役立ててもらいたい-「Etak協議会」発足
'12/11/21
「エターナルベール® / ETERNALVEIL®」を開発した徳島工場がフジサンケイ ビジネスアイから取材を受け、記事になりました。
'12/07/20
PARCO×文化服装学院×KURABOの期間限定ショップ『en』(6/5-10)
'12/07/04
“ひんやり、さらさらの寝ごこち”快冷寝具「麻クール アウトラスト敷きパッド」の販売について
'12/01/17
「機能衣料の生地の節電効果をたしかめたい!」小学生が夏休みの自由研究で、当社の涼感加工素材「クールレイ® / COOLRAY®」を用いた実験を行いました。
'12/01/17
抗ウイルス機能繊維加工技術「クレンゼ® / CLEANSE®」を活用したドクターコート、マスク、抗菌スプレーを被災地の病院に寄贈しました
'11/07/28
高機能ファブリックシリーズ「イブリック®/EBRIQ®」が平成23年度日本繊維機械学会賞「技術賞」を受賞
'11/03/31
身体動作の自由度を高める作業服を 作るための型紙(パターン) 『ムービンカット®』が、平成22年度大阪優秀発明賞を受賞
'11/03/31
J BRANDに採用された「日本の綾織」パンツが世界を席巻
'05/06/22
「愛・地球博」のユニフォームに
クラボウの素材が採用されました
 
 
抗菌・抗ウイルス製品を災害時にも役立ててもらいたい-「Etak協議会」発足 クラボウの抗ウイルス機能繊維加工技術「CLEANSE®/クレンゼ®」を使った製品も紹介
抗菌・抗ウイルス作用のある特許成分「Etak®(イータック)」の開発者である広島大学大学院医師薬保健学研究院・二川浩樹教授が会長、広島大学発ベンチャー企業である(株)キャンパスメディコが事務局となり、この成分を製品に応用しているエーザイ(株)やクラボウなどメーカー6企業と共同で「Etak協議会」を設立しました。

協議会では、Etak®関連製品の普及だけではなく、会員同士の共同開発や新ビジネスモデルづくりなどを進めると共に、日々の生活の中での予防意識の向上と、災害時の迅速な支援を目指します。

10月31日に東京・銀座の広島県のブランドショップTAU(たう)にて行われた記者発表では、クラボウも展示コーナーを設け、Etak®を活用したクラボウの抗ウイルス機能繊維加工技術「CLEANSE®/クレンゼ®」により既に商品化されている製品など展示し紹介しました。
他社からも、マスク用除菌スプレーやゴルフグローブ等など多数の商品が紹介されました。
 
  「Etak協議会」の設立をアピールする二川教授(左から5人目)と協議会メンバー
   
 
  Etak協議会設立の目的や経緯を説明する二川教授(中央)
    「CLEANSE®/クレンゼ®」により
既に商品化されている製品


■医療用白衣
  【(株)アプロンワールド】
■赤ちゃん・子供の身の回り製品
  【(株)ベネッセコーポレーション】
■カーテン・カーペット 【スミノエ(株)】
■掛けカバー・シーツ 【(株)ディノス】
記者発表会には、報道関係者約20名を含む多数の関係者が集まった        
固定化抗菌成分「Etak®」
ETAC ®
広島大学大学院医師薬保健学研究院・二川浩樹教授が、口腔内の治療や洗浄時に使う消毒薬をベースに、開発した固定化抗菌成分です。
身の回りのものに吹き付けたり塗ったりすることで、インフルエンザなどのウイルスを不活化(感染できない状態にする)する抗ウイルス機能や抗菌機能を持ち、それが長時間続きます。
通常の消毒薬は乾燥すると殺菌力が低下しますが、Etak®は乾燥しても抗菌性・抗ウイルス性が持続するのが大きな特長です。もともと口の中に使うものとして開発した成分ですので安全性も高く、活用できる範囲も車やバスなどのシートや樹脂、木材、繊維、手指など多岐に渡ります。現在、インフルエンザウイルスやノロウイルス、マイコプラズマなどへの効果が確認されています。
 
「Etak協議会」設立の背景
2011年、感染症対策品による災害支援として東日本大震災の被災地などへEtak®消毒剤や他の関連製品を、また鳥インフルエンザ予防としては宮崎県や島根県への同消毒剤を、それぞれ寄贈しました。しかし、被災地自治体へどうアプローチするか、また成分の効果や使用方法をどう伝えるかなどさまざまな課題が出てきました。そのため、今回の協議会発足と同時に広島県との協定を締結し、災害時には県が窓口となり関連製品を買い取るかたちで、被災地へEtak®関連製品を迅速に届ける組織を確立しました。
Etak協議会Webサイト
 
抗ウイルス機能繊維加工技術「CLEANSE®/クレンゼ®」 クレンゼについて詳しくはこちら
クレンゼ® CLENSE®
クラボウでは、Etak®の開発段階から繊維素材への抗ウイルス機能加工を目指した取り組みを広島大学と共同で行い、抗ウイルス機能繊維加工技術「CLEANSE®/クレンゼ®」を確立しました。クラボウの独自技術により繊維表面に固定化されたEtak®にウイルスが接触すると不活化(感染できない状態になる)されます。
素材本来の風合いを楽しんでいただくことができ、洗濯耐久性にも優れる繊維製品を作ることができるため、衣料品、寝装・リビング製品、医療資材など様々なアイテムへの展開が広がっています。
 
Up
サイトマップ
バンブーコットンについて