事業概要

環境メカトロニクス事業部
(バイオメディカル分野)

事業部サイト

 研究分野で使われるラボ用フィルター開発や細胞関連、ゲノム関連製品が事業の基盤となったのがバイオメディカル部です。

 バイオメディカル部は「バイオ試薬部門」「バイオ機器部門」の2つで構成されています。

 バイオ試薬部門は研究材料や受託サービスを提供、独自性の高い製品群の拡充を目標として好評を頂いている血管新生キットの他、正常ヒト皮膚3次元モデルやDNAマイクロアレイをリリース、多数の研究機関でご使用いただいています。

 バイオ機器部門では、基礎研究市場から医療・検査市場、さらには産業分野への商品の水平展開と開発のスピードアップを重点課題とし、医療機器製造販売業の認可も取得した医療用機器の開発・提供を行っています。

 今後も、バイオメディカル部では、国内の大学や海外企業との協業による臨床検査のIT化・自動化に努めると共に、DNA診断を応用する食品分野での検査ニーズも視野に入れるなど、幅広い事業を推進しています。

主な取り扱い製品


正常ヒト表皮角化細胞

NHEK(NB)、NHEK(AD)
新生児由来と成人由来の細胞の2種類と角化細胞専用の無血清増殖培地です。各ロットごとに社内QCデータおよびドナー情報をご用意し、ご要望に応じてご指定ロットのホールドも可能です。他に、表皮系・血管系・内臓系など各種そろえております。


皮膚3次元モデル EPI-200

正常ヒト表皮角化細胞から構成された再構築モデルです。多層でかつ高度に分化したヒト皮膚に類似の3次元構造を形成しております。市販モデル製品の中では比較的角層が厚く、ヒト皮膚の吸収性に近いと好評です。


ヒト癌細胞初代培養システムキット
Primaster® プライマスター

簡便なヒト癌細胞初代培養システムキット
ヒト癌細胞の初代3次元培養を効率良く実施するのに簡便な試薬キットです。前臨床スクリーニングの研究や薬剤感受性の研究に最適です。


核酸自動分離装置 QuickGene-610L

QuickGene-610Lは、血液サンプルから迅速、簡便そして高純度、高収率でDNAを自動分離するシステムです。QuickGeneシリーズでは血液以外の核酸分離を行なう装置及び試薬キットを各種取り揃えております。

  • 1982年 バイオ研究支援フィルター製品分野へ進出
  • 1988年 バイオ研究試薬 生化学材料分野へ進出
  • 1990年 核酸自動分離装置の販売
  • 1991年 「バイオメディカル部」設置
  • 2004年 バイオイメージング分野へ進出
  • 2007年 第三種医療機器製造販売業許可
  • 2016年 エレクトロニクス事業部、エンジニアリング部、バイオメディカル部を新設の環境メカトロニクス事業部に統合

関連リンク

バイオメディカル分野サイト

関連会社

海外

  • クラキアメリカコーポレーション
  • 上海倉機商貿有限公司
  • 台湾倉敷機械股份有限公司
PAGE TOP