素材紹介

クランバリエ

金属・木材など多様な芯材を高機能樹脂と一体化させた、複合押出成形品

クランリーブ

不燃・化粧の機能に加え、構造用途に使用可能な耐久力を持ち、ビス打ちも可能な押出セメント材料

クランリーブ

不燃・化粧の機能に加え、構造用途に使用可能な耐久力を持ち、ビス打ちも可能な押出セメント材料

新窯業建材「クランリーブ」の開発の背景

【窯業建材の問題点】

  • (1)非耐力用途(サイディング材,外装化粧材,軒天材など)に限定される。
  • (2)施工時の割れ・欠け…目視で確認できないヘアークラックが長期的には大きなクラックに成長する。
  • (3)輸送時の荷扱いによる割れ・欠け
  • (4)基材自体にビスの保持強度が期待出来ない。

課題克服のための要求性能

  • ◎ 高靭性(粘り強い素材)
  • ◎ 高強度・高耐久性
  • ◎ 施工性改善(ビス留めも可能)

窯業建材の長所を生かし、短所を克服した画期的な新素材の開発

『クランリーブ』

【割れにくさのメカニズム】

従来の窯業系材料は、引張応力に弱く、許容量を超える荷重が加わると破断に至りますが、クランリーブは、特殊な繊維素材が架橋し合い、引張応力に強くすることが可能になりました。

「クランリーブ」の製法

【混合・混練】

土木分野で研究・開発されていた高靭性素材をベースに押出グレードの配合を開発。比重は、1.0~2.0まで展開可能。

【押出成形】

外装化粧材の生産で培ってきた異形押出技術をそのまま使えます。金具との勘合形状やエンボス柄など要求された機能に応じた形状設計を行います。生産できる寸法条件は、巾は480mm,長さ3030mmまで

【加工・塗装】

NC等を用いた2次加工も従来同様。また、シーラー塗装することでフッ素系の塗料や耐汚染性に優れた塗料を使用した塗装も行えます。

「クランリーブ」の特性

強靭な粘り強さ(高靭性) → 高い衝撃吸収力

【錘10kg×1m高さにおける衝撃試験】

試験体は、厚み50mm×巾270mm(中空品)で実施。支持スパン1m。(図参照)
(※集合住宅の外階段で使用されている形状)

  • ・クランリーブ低比重品 (右上写真)
  • ・押出成形セメント板 (右下写真)


(参考)曲げ試験時の挙動

試験体や支持スパンは、衝撃試験時と同じ。

※いずれも弊社社内評価の為、保証値ではありません。

UP↑