化成品事業部
産業資材・日用品分野
軟質ウレタンフォーム
接着フィルム
汎用板材
補強用繊維資材
menu_san04-2
多軸連続繊維シート
コンクリート構造物のクラック検知ツール
コンクリート湿潤養生マット
コンクリート片はく落防止工法

新着情報サイトマップ
お問い合わせ
化成品事業部トップへ
 
産業資材・日用品分野 >補強用繊維資材 >2軸積層型ネット CRENETTE/クレネット 特長

紙からコンクリートまで多用なベース材に対応
2軸積層型ネット CRENETTE/クレネット
特長 主な用途

「クレネット」はポリエステルを始めとしてガラス、ビニロン、高密度ポリエチレン、アラミド、カーボン等のさまざまな素材繊維をタテ・ヨコに積層し、その接点を樹脂で接着した2軸積層型ネットです。
クラボウでは40年近く前から、クレネットの開発・販売に取り組み、数多くのノウハウを蓄積してきました。「クレネット」の応用範囲は年を追うごとに広がりつづけ、今日では各種防水資材、包装資材のほか、IT対応の床システム、乾湿工法・短納期化が要求されるルーフィング材や壁装材、さらには橋梁・側溝の補修用コンクリート剥落防止工法用の部材など、さまざまな分野のベース材に対応する補強材として活躍しています。

クレネットの特長
「クレネット」は、上下タテ糸でヨコ糸をはさむTRGと、タテ糸で上下交互にヨコ糸をはさむTRTの2種類の構造があります。(図1)
通常の平織りとは違い繊維が直線的に配列されているので、繊維が本来持っている強度を殆んど損ないません。(図2)
毛羽立ちや目ズレが少なく、作業性に優れています。
糸はポリエステル、ガラスなどのフィラメント糸のほか、カーボンやアラミドなどの高強力・高弾性繊維や、綿糸などのスパン糸など、用途に合わせてさまざまな素材を選べます。(図3)
  また、糸の太さや密度などを選択することにより、目的に応じた規格のネットを設計し、ご提供することができます。
  主な用途はこちら