Electronics Field. 環境メカトロニクス事業部 エレクトロニクス分野 クラボウのエレクトロニクス技術の深化をお届けします。 クラボウホ−ムペ−ジヘ

ホームへ 製品検索 導入事例 サポート 知識の部屋 問合せ・資料請求 事業部概要 サイトマップ


<<-- 導入事例TOP

ホーム >> 導入事例 >> 大判スキャナの導入事例 A1フラットベッドスキャナ
前のページに戻る

■事例
A1フラットベッドスキャナ
【A】西陣意匠紋紙工業協同組合様
【B】株式会社タナカ青写真様
 
■事例
A1カラーブックスキャナ
【A】株式会社丸八商会様
 

【関連商品】
■K-IS-A1FV/VPlus
■K-IS-A0FW
■OS12000 A1
■Aupier-GigaLay
■Aupier-Copy


事例 大判スキャナの導入事例  【A1フラットベッドスキャナ】


【A】西陣意匠紋紙工業協同組合様
西陣織

京都の伝統工芸! 西陣織紋意匠図の入力装置として利用されるA1フラットスキャナ
     
1934年に創立された西陣意匠紋紙工業協同組合は、京都に脈々と受け継がれてきた伝統工芸「西陣織」を長年支え続けてきた。紋意匠図とは織物の設計図のようなもので、卦紙(けいがみ) という一種の方眼紙へ、現物の図案を引きのばして色別に描きなおしたもの。ネクタイ、帯、着尺など、それぞれ織物の構造が異なることから細かい神経が要求される。
紋図のデジタル化の工程で、フラットスキャナがどのように活用されているのか、実際の運用について副理事長に話を伺った。
 
 
導入機種: K-IS-A1F (現行機種 K-IS-A1FV 相当)
導入ソフトウェア: 紋図デザイン作成ソフトウェアAupier-GigaLayソフトウェア
 
導入効果1:フラットベッド方式により、原画のセットが簡単。
導入効果2:原画を破損させることなく、高速、高精細に入力が可能。


■運用内容(企画・製紋工程)

西陣織の特色の一つは先染の紋織物(染色した糸を使って模様を織り出す織物)という点にあります。 一昔前までは手機が当たり前だったのが、今では機械式の織機が殆ど。しかし、職人の技術が必要であることには変わりありません。従って、織りあがるまでには多数の工程を必要とし、これらの工程の殆どが分業システムによって専門職の人々の手で行われています。大きくは「企画・製紋」、「原料準備」、「機準備」、「製織」、「仕上げ」の各ブロックに分けることができ、当社のシステムは「企画・製紋」の工程でご利用いただいています。

紋図原稿   図案から織物の経糸密度や緯糸密度、また柄の表示密度を考慮しながら紋図が作成されます。
紋図スキャナ入力   紋図を大判フラットベッドスキャナにてデジタル入力します。
貴重な原稿も破損させることなく高速・高精細にスキャニング!
紋図データ変換   オーバーサイズの紋図は一旦分割スキャンして、「Aupier-GigaLay」で合成し、1つの紋図画像データにすることができます。
紋図データ作成   「紋図デザイン作成ソフト」で升目ピッチ設定を行います。
特色分解機能を用いて、色分解された紋紙データ変換用TIFFを作成し、紋紙データ変換ソフト(他社製品)に転送します。
織機により西陣織作成   このようにして作成した紋紙データを織機に掛けることで意匠通りの西陣織が完成します。


■西陣意匠紋紙工業協同組合様について
  • 名称 :西陣意匠紋紙工業協同組合
  • 発足 :昭和14年
  • 会員数:89名 (平成15年4月現在)
  • 所在地:京都府京都市上京区五辻通大宮西入五辻町48
  • URL :http://www.kyoori.or.jp

■紋図デザイン作成ソフトウェア
 
 紋図デザイン作成ソフトウェア

スキャナから紋図デザインを入力し、色分解データの作成、ファイル出力を行うソフトウェアです。

カタログダウンロードはこちら 168KB

事例【A1スキャナ】 TOP << >> 【B】株式会社タナカ青写真様
 
ページトップへ
プライバシーポリシー