Electronics Field. 環境メカトロニクス事業部 エレクトロニクス分野 クラボウのエレクトロニクス技術の深化をお届けします。 クラボウホ−ムペ−ジヘ
ホーム 製品検索 導入事例 サポート 知識の部屋 問合せ・資料請求 事業部概要 サイトマップ

関連商品

三次元写真応用計測システム
Kuraves-MD
構造物劣化診断支援システム
Kuraves-Th
   
「知識の部屋」
三次元計測の話



お問合せはこちら
メールでのお問合せ
お問合せする

電話でのお問合せ
 お問い合わせ係
050-3786-2608
(平日 9:00〜18:00)

三次元写真計測
ホーム  ・製品紹介トップ  ・前のページに戻る

インフラ検査システム

路面検査コンパクトユニット

路面の劣化を効率的に計測!
ひび割れ、わだち掘れ、ポットホールなど路面状態を時速100kmで走行しながら計測します。
コンパクトな設計で、一般車両への搭載が可能です。
クラック率など道路管理に必要な指標が持てます。

  特長
  • ユニットに搭載した高精細カメラと独自の画像処理技術で、高速走行しながら路面性状を計測します。
  • 高速で走行可能なので、計測中の大規模な車両規制も必要ありません。
  • 高さ解像度0.5mmの3Dカメラを搭載しており、オプションで2Dカラーラインカメラや赤外線カメラ、平坦性(IRI)計測ユニットを追加することで、さらに詳細な路面状態を解析できます。
  • 計測結果はデジタルデータとして保存ができるため、経年劣化の比較が容易です。
  • これまで路面性状検査用の大型専用車両※1)を予算の関係から断念していた道路管理者も、このコンパクトユニットを活用する事で、大型専用機と同等レベルの路面検査が可能となり、点検費用、労力を削減できます。
  • 路面性状を正確に把握する事で長期的にも公共事業費を抑えられ、道路の保全業務の効率化、省エネ化が期待できます。

路面検査コンパクトユニット設置車

ページトップへ
  検査対象
  • 高速道路
  • 一般道路
  • 橋梁
  • 飛行場のランウェイ、エプロン
  • 鉄道 他
ページトップへ
  3Dカメラ仕様
  • 計測速度 : 10km/h〜100km/h
  • サンプリングレート : 2000〜10000 profiles/s
  • 横方向解像度 : 1mm
  • 高さ解像度 : 0.5mm
  • 進行方向撮像間隔 : 1mm〜15mm

わだち掘れの深さ、ポットホールやひび割れなどの路面状態を解析できます。
わだち掘れ深さを抽出し解析
ひび割れ検出わだち掘れ解析

ページトップへ
  2Dカメラ仕様
  • ハードウェア : カラーラインスキャンカメラ
  • 計測速度 : 10km/h〜120km/h
  • サンプリングレート : 50000Hz
  • 横方向解像度 : 1mm
  • 進行方向解像度 : 1mm

高精細なカラーカメラにより、ひび割れはもちろん、モノクロ画像では分かりにくい微細な損傷も記録します。
ひび割れ、マンホール、ジョイント部

3Dデータと2Dデータを組み合わせれば、より分かりやすいレポートの作成が可能です。
路面解析レポート

ページトップへ
  赤外線カメラ仕様

赤外線カメラによる熱画像からコンクリート表層部の浮き・剥離を検出します。

赤外線カメラによる熱画像(左)、解析画像(右)
熱画像(左)では分かりにくい中央部の浮き部を、解析画像(右)で見つけることができます。

ページトップへ
  IRI計測ユニット

IRIとは「国際ラフネス指数(International Roughness Index)」のことで、現在舗装点検の縦断凹凸量の評価指標として採用されています。 レーザー光を使用した光切断方式を採用し、高速道路、一般道路、滑走路等のIRIを高速・高精度で計測します。

IRI計測ユニット構成

路面の状態を計測したい、経年劣化を記録したい等、路面のお悩みをお持ちの方は、ぜひご相談ください
クラボウが最適なソリューションを提供いたします

※1)路面検査用大型車両

道路&トンネル調査車両

※ 技術提供
西日本高速道路エンジニアリング四国株式会社

カタログダウンロードはこちら 850KB
 





お問合せする
電話でのお問合せ050-3786-2608
(お電話での受付時間:平日 9:00〜18:00、土日・祝日定休)

ページトップへ
プライバシーポリシー