Electronics Division エレクトロニクス事業部 クラボウのエレクトロニクス技術の深化をお届けします。 クラボウホ−ムペ−ジヘ

ホーム 製品検索 導入事例 サポート 知識の部屋 問合せ・資料請求 事業部概要 サイトマップ

関連商品

GIS基図作成支援ツール
ラスター/ベクター混在型レイアウトソフトウェア
AUPIER-GigaLay
高速ベクトル変換ソフト
KS/KL
大判図面対応OCRソフトウェア
図面認者

お問合せはこちら
メールでのお問合せ
メールでお問合せする

電話でのお問合せ
お問い合わせ係
お問合せ電話番号 050-3786-2608
(平日 9:00〜18:00)
ホーム  ・製品紹介トップ  ・前のページに戻る

過年度数値情報化ソフトウェア

KS/KL画地バージョン


地籍図・17条地図のデジタル化に最適!
出力データもGIS・測量システムへの展開が簡単!

近年の情報化の進展やコンピュータ技術の進歩に伴い、市町村行政における業務の効率化。行政サービスの水準の向上等を目的として、地理情報システム(GIS)の導入機運が全国的な高まりを見せています。また地籍調査によって得られる地籍図は、そのGISの基図(ベースマップ)として有効性が指摘されています。

本システムは、地籍情報をベースに、固定資産税務、道路・公有地管理といった管理業務、都市計画支援、農林政策支援といった政策立案を支援する「多目的地籍システム」構築のためには必須である地籍調査成果の数値情報化の中でも、特に過去に行った地籍調査成果の数値情報化(過年度数値情報化)を強力に支援するシステムです。

こんなに簡単に地籍図のデジタルデータが作れます!

KS/KLII 画地バージョンなら、地籍図をデジタルデータ化するための画像入力、4点補正、地番入力、ベクトル化(ポリゴン化)などの一連の流れを快適に処理できます。
 
  特長

●大型図面対応

A0以上の長尺図面にも問題なく対応しています。

●高速・高精度処理

高速・高精度な表示(拡大/縮小/スクロール)、文字認識、線図処理によりデータ化作業にストレスを感じさせません。

●豊富な編集コマンド

画像補正、文字認識結果の修正、ベクトル編集など手間のかかる作業を豊富な編集機能がお手伝いします。

●多彩なデータ出力

データ出力は、DXF、SIMA、CSV形式などに対応しており、出力データは他のシステムで利用可能です。また文字領域外のラスターデータ出力機能により、不要な文字などを取り除いた画像データを簡単に作ることができます。

●自動機能!

線図処理後のベクトルデータは自動的にポリゴン処理されます。また、地番とポリゴンの対応付けも自動で行なうことができます。


ソフト最新バージョン情報はこちら

line
カタログダウンロードはこちら pdf 367KB
line

 
メールでのお問合せ
電話でのお問合せ
 
 
メールでお問い合せする
お問い合わせ係
お問合せ電話番号 050-3786-2608
(平日 9:00〜18:00)
 
 

ページトップへ
プライバシーポリシー