Electronics Division エレクトロニクス事業部 クラボウのエレクトロニクス技術の深化をお届けします。 クラボウホ−ムペ−ジヘ

ホームへ 製品検索 導入事例 サポート 知識の部屋 問合せ・資料請求 事業部概要 サイトマップ
 
ホーム >> 知識の部屋 >> 色の話



<<-- 知識の部屋 TOP
色の話
1. 色彩学の基礎知識
1-1. 色の認識
1-2. 視野角
1-3. 色のあらわし方
1-4. 混色の種類
1-5. 物体色の測定
1-6. メタメリズムと演色性
   
2. 色の差を読む
2-1. CIE1976Lab色差式
2-2. CMC(1:c)色差式
2-3. CIE94色差式
2-4. 各色差式の現状とその他色差式
   
3. 調色業務における色の企画と設計
3-1. 色処方の設計
3-2. CCMに求められること
   
4. 色を処方にする
4-1. 色を濃度で見る
4-2. 複数の色を混ぜる
4-3. 色剤個々の色を予測する
4-4. 色を合わせる
   

関連商品

CCMシステム
 
 1.色彩学の基礎知識

 1-6.メタメリズムと演色性

演色とは照明される光源の違いによって色の見えかたが異なる現象をいい、その特性を演色性といいます。

一般に演色性とは自然光と対比させた光源の性質をあらわすものです。
一方、メタメリズムは等色条件ともよばれ、条件が変わることによって等しく見えた色が異なってしまうことをいいます。メタメリズムには、湿潤・温度・光源などがありますが、一般にメタメリズムというと光源間メタメリズムを指します。

図13 演色性とメタメリズム
図13 演色性とメタメリズム
 

図13のように、光源が変わって色が変化しても、メタメリズムがなく等色に見える場合があります。逆に演色性がないが、メタメリズムがある場合もあります。要するにメタメリズムとは、サンプル間の色比較を表すものです。




 
 
前へ   次へ
 
プライバシーポリシー