Electronics Division エレクトロニクス事業部 クラボウのエレクトロニクス技術の深化をお届けします。 クラボウホ−ムペ−ジヘ

ホームへ 製品検索 導入事例 サポート 知識の部屋 問合せ・資料請求 事業部概要 サイトマップ
 
ホーム >> 知識の部屋 >> 色の話



<<-- 知識の部屋 TOP
色の話
1. 色彩学の基礎知識
1-1. 色の認識
1-2. 視野角
1-3. 色のあらわし方
1-4. 混色の種類
1-5. 物体色の測定
1-6. メタメリズムと演色性
   
2. 色の差を読む
2-1. CIE1976Lab色差式
2-2. CMC(1:c)色差式
2-3. CIE94色差式
2-4. 各色差式の現状とその他色差式
   
3. 調色業務における色の企画と設計
3-1. 色処方の設計
3-2. CCMに求められること
   
4. 色を処方にする
4-1. 色を濃度で見る
4-2. 複数の色を混ぜる
4-3. 色剤個々の色を予測する
4-4. 色を合わせる
   

関連商品

CCMシステム
 
 2.色の差を読む

  2-3.CIE94色差式

CIEが1989年にTC1-29技術委員会を発足させ、1995年「CIE1994色差モデル」なる技術レポートを発表して今後この利用を推奨しています。 CIE94のlとcは用途によって区別され、


KL=KC=KH=1 の場合は一般の工業利用に、

KL=2,KC=KH=1

の場合は繊維産業での許容色差として利用される場合に使用するとしています。

CIE94色差式は、CIE1976L*a*b*からつぎのように求めます。

但し、Cxは基準色のCとし一方を基準にできない場合で求める。




 
 
前へ   次へ
 
プライバシーポリシー