Electronics Field. 環境メカトロニクス事業部 エレクトロニクス分野 クラボウのエレクトロニクス技術の深化をお届けします。 クラボウホ−ムペ−ジヘ

ホーム 製品検索 導入事例 サポート 知識の部屋 問合せ・資料請求 事業部概要 サイトマップ

関連商品

正反射型赤外線膜厚計
RX-200
ポータブル型赤外線膜厚計・塗油量計
NR-2100
無機系被膜厚み計
RX-400
「知識の部屋」
赤外線の話

お問合せはこちら
メールでのお問合せ
お問合せする

電話でのお問合せ
 お問い合わせ係
050-3786-2608
(平日 9:00〜18:00)

赤外線 応用計測装置
ホーム  ・製品紹介トップ  ・前のページに戻る

鋼板用 反射型赤外線膜厚計(厚さ計)

RX-250

特長  仕様

鉄鋼・アルミ業界に数多くの実績!
金属板上の有機被膜測定に最適!

RX-250装置写真

RX-250計測イメージ

従来の赤外線膜厚計では、金属板上の薄い有機塗布量を精度良く測定しようとした場合、サンプル表面や内部での反射(干渉)が生じ、塗布量が薄くなるにしたがって顕著になり、その結果測定誤差が大きく、測定できる塗布量の厚みに限界がありました。

RX-250はこれらの問題点を当社独自の方式(P偏光角入射方式)で解決した、安定性・再現性に優れた膜厚計です。

1
  設置例
2
RX-250設置例
1
  トレンドモニタープロフィール
2
トレンドモニタープロフィール画面
 
  特長

●板厚やワークの距離変動に強い光学系を採用

測定距離が50mmと長く、かつ板厚やワークの上下変動の影響を受けにくい反射型専用の光学系です。

●コート層や中間層といった選択的な測定が可能

測定対象層や成分に合わせて使用波長を選定。化学の眼をもった膜厚計が実現できます。

●抜群の測定精度

当社独自のP偏光方式を採用。薄膜や狭域でも高い相関性が得られます。

●安全な光を採用した非接触・オンライン測定が実現

赤外線方式を採用していますので、蛍光X線方式より安全で取扱いが容易です。

●高い応答性と長期安定性

最小の応答速度は約50msecと僅かな厚み変化でも見逃しません。
さらに3波長測光方式を採用しており、周囲環境や装置の変動に対して長期的な精度を確保します。
 
  用途例
  • カラー鋼板のプライマー厚みやサービスコート厚み
  • 耐指紋・潤滑性鋼板など有機被膜の塗布量測定
  • アルミ・スチール缶材料の内外面樹脂厚み測定

知識の部屋 赤外線の話






お問合せする
電話でのお問合せ050-3786-2608
(お電話での受付時間:平日 9:00〜18:00、土日・祝日定休)
   

ページトップへ
プライバシーポリシー