事業紹介 事業沿革

昭和43年 ・排煙脱硫とアルカリ排液中和を同時処理する高性能ガス吸収装置(KBCA)を開発。
昭和45年 ・排煙脱硫装置など公害防止装置の企業化に伴い、エンジニアリング事業部を創設し営業を開始。
昭和47年 ・排煙脱硫装置と排水処理装置を連結した一括処理システムを納入。(弊社枚方工場)
  ・濃濁廃液焼却装置を納入。(弊社津工場)
昭和48年 ・東京支社に部課を設立。
  ・KNORCA排煙脱硝装置を開発。
昭和49年 ・GREATS湿式有害ガス除去装置納入。
  ・石膏回収法排煙脱硫装置納入。
  ・KRANDOR湿式脱臭装置納入。
昭和51年 ・米国TRW社へKNORCA排煙脱硝技術を輸出。
  ・アフターサービス部門を独立させ、クラボウ工事サービス(株)を設立。
  ・KUINSY-FB流動層焼却装置納入。
昭和53年 ・水酸化マグネシウム法排煙脱硫装置納入。
昭和56年 ・ボイラ用空燃比制御装置(RAFICS)納入。
  ・固定床式排煙脱硝装置納入。
昭和61年 ・白煙防止制御装置納入。
昭和62年 ・半導体製造関連システム部門を独立させ、エコー技研(株)を設立。
平成5年 ・台湾工業技術研究院へ技術援助、活性汚泥処理法による染色排水処理装置を完成。
平成7年 ・半導体業界向け薬液供給装置納入。
平成12年 ・コンポスト装置納入。
平成14年 ・サーマルリサイクル用途の大型流動層焼却装置納入。
平成15年 ・KBCA排煙脱硫装置の納入基数が200基を超える。
平成18年 ・流動層ボイラ納入。
平成19年 ・アフターサービス部門を改組し、プラントサービス課を設立。
  ・表面処理装置納入。