ニュースリリース

2005年

2005年02月02日

環境負荷が少なく、リサイクル可能な真空断熱材「ユニサルペット」を開発

 

クラボウ(資本金220億円、本社 大阪市中央区、社長 化成品事業部および技術研究所は、このたびポリエステル繊維を芯材として、“環境負荷の低減”“リサイクルの促進”をコンセプトとした真空断熱材「ユニサルペット」の開発に成功しました。(特許出願中)
             
1.ポリエステル繊維で、リサイクル性と高断熱を実現
クラボウでは、平成6年よりポリウレタンフォームを芯材とした真空断熱パネル(注1)「クランパック」を製造・販売してきました。高い断熱性能、省スペース性において高い評価をいただき、2002年には、日刊工業新聞社が主催する「第5回オゾン層保護大賞」の優秀賞を受賞しております。また近年には、真空断熱材の新しいコア材としてガラス繊維を使用した「ビグラス」を商品化してまいりました。
その中で1997年に締結された京都議定書が2005年2月に発効することになり、公的な義務である温室効果ガスの排出量削減の数値目標達成のため、更なるエネルギー消費の効率化が必要となります。つまり、暖房時の保温性や、冷房や冷蔵庫などの保冷性をいかに維持するかが大きな課題であり、高性能断熱材を使用することにより、家庭だけでなく、工場、オフィスなどのエネルギー消費を削減し、その結果、CO2などの温室効果ガスの排出削減が可能となります。さらに、廃棄物の削減、資源の有効活用など環境負荷低減の動きもますます高まっています。
そこでこれまでの10年に培った真空断熱材の生産技術・設計技術をベースに、繊維メーカーとしての知見を活かした繊維系芯材の真空断熱材の開発に着手しました。その結果、環境や人体への負荷が非常に少なく、リサイクル性(マテリアルリサイクルおよびリユース)に富むポリエステル繊維を特殊加工することで、断熱性能に非常に優れた真空断熱材の開発に成功いたしました。


2.「ユニサルペット」の概要

(1)高い断熱性能
0.0025W/m・K(最高値)の熱伝導率を実現しました。
これは汎用の硬質ウレタンの約8倍、グラスウールの約15倍の断熱性能に相当します。
断熱材の薄型化によるコンパクト設計が可能となり、保冷ボックスや冷蔵庫などの製品庫内容量が広く取れるようになります。

(2)優れたリサイクル性
廃棄時に出るポリエステル芯材は外包材への封入時からほとんど変質することがないため、様々な形でのリユースが可能です。

(3)作業環境の安全性向上
廃棄時に芯材を取り出す場合にも、ポリエステル繊維の芯材なので、繊維が飛散せず人体に対する負荷が少ない作業環境で行えます。廃棄時の取り扱いの安全性にも優れています。

(4)形状の選択性
標準形状は正方形、長方形です。使用方法によっては円筒形、L字型、3次元形状など複雑な形状への対応が可能です。
 
            
3.製品サイズ     
(1)サイズ  幅:最大1000mm  長さ:最大1400mm 
  
            
4.主な用途
(1)冷蔵庫用断熱材
(2)流通用保冷ボックス用断熱材
(3)住宅用断熱材
(4)自動車の天井断熱材
(5)配管用断熱材


5.今後の予定 
2005年3月販売開始。2008年度には売上5億円を目標。


6.お問い合わせ先
〒541-8581 大阪市中央区久太郎町2-4-31
クラボウ 大阪本社 建材部 住設・機能商品課
担当:池田 TEL 06-6266-5479 e-mail:Yasutoshi_Ikeda@kurabo.co.jp

〒103-0023 東京都中央区日本橋本町2-7-1 イトーピア日本橋本町ビル3階
クラボウ 東京支社 化成品営業部 住設・機能商品課
担当 松本 TEL 03-3639-3774 e-mail:Yukiya_Matsumoto@kurabo.co.jp

以 上            


(注1)真空断熱材VIPシリーズは、下記の3種類をラインナップ
「クランパック」・・・ポリウレタンフォームを芯材とした真空断熱材
「ビグラス」・・・・・グラスウールを芯材とした真空断熱材
「ユニサルペット」・・ポリエステル繊維を芯材とした真空断熱材



ニュース一覧へ戻る
PAGE TOP