ニュースリリース

2005年

2005年12月05日

地球と私のためのエコスタイルフェア「エコプロダクツ2005」に全社で出展へ

 

クラボウ(資本金220億円、本社 大阪市中央区、社長 は、12月15日から東京ビッグサイトにて開催されるエコプロダクツ2005へ全事業部参加のもと出展します。

 

1.会期と会場
開 催 日:平成17年12月15日(木)~17日(土)
場   所:東京ビッグサイト 東展示ホール4~6ホール 小間番号429
サ イ ト:http://www.eco-pro.com/

 

2.展示会のねらい
 企業の社会的責任の主要項目である環境への取り組みは、必要不可欠な時代に入ってきています。クラボウは「チーム・マイナス6%」にも参加しており、環境について社内外の人達と直接触れ合い、多くのステークホルダーの方々と直接コミュニケーションしていくことが重要と考え、エコプロダクツ2005に全社的に出展することとなりました。今回で4回目の出展となるこの展示会では、従来、綿合繊事業部のみの出展でしたが、今年は12年前から環境へのコンセプトとして掲げている「人と地球の健やかな環境を考える ヒューマン・フレンドリー発想」をメインコンセプトとし、全事業部合同での出展を計画しています。クラボウの環境に対する姿勢及び技術を来場者に訴求すると同時に、企業として取り組める事・提案できる事、そして一般消費者の方々でもご協力していただける事を来場者の皆様と一緒に考えて行きたいと思います。

 

3.出展商品
各事業部からの出展商品は下記の通り。

(1)綿合繊事業部
デュポン社の加水分解性/生分解性(土に還る)ポリエステルと綿の混紡素材
「バイオネイチャー」
・展示以外に各出展企業に対してユニフォーム用素材としてのPR活動を行います。

 

(2)羊毛事業部
オゾンを使い環境への負荷が低減できる防縮加工ウール「エコウォッシュ」と化学染料を使わず染色できる「エコトーン」

 

(3)化成品事業部
厚さ1ミリから対応可能な超薄型の真空断熱材「ペーパーVIP」

 

(4)エレクトロニクス事業部
少量の薬品でも空気で希釈することで繊維の表面に均一に塗布できる仕上げ加工装置「オートフォーム」とPETやPE・PPなどのプラスチックを高速で識別することができる廃プラスチックボトル選別センサ「RS-200」

 

(5)エンジニアリング事業部
廃棄物である木屑や廃プラ・汚泥等を燃料としてそこから発生するエネルギーを利用するサーマルリサイクル装置

 

(6)バイオメディカル部
研究機関で多く使われている実験用マウスの削減にもつながるリアルタイム・インビボ・イメージャー「マエストロ」と正常ヒト皮膚3次元モデル
各事業部の商品・技術を紹介すると同時に、環境レポートやチームマイナス6%、綿合繊事業部が昨年から実施しているナチュラルフライデーなどクラボウが取り組んでいる環境に対する活動を紹介します。

 

 

4.お問い合わせ先
〒541-8581
大阪市中央区久太郎町2-4-31   
クラボウ 大阪本社 総務部 広報グループ (担当 北勝・山崎)
TEL:06-6266-5073 FAX:06-6266-5555
クラボウホームページ http://www.kurabo.co.jp/
クラボウ環境レポート http://www.kurabo.co.jp/report/index.html
                                

以上



ニュース一覧へ戻る
PAGE TOP