ニュースリリース

2008年

2008年03月17日

高意匠性の樹脂複合押出成形材「 KuranVarie(クランバリエ)」の開発について

 

クラボウ(資本金 220億円、本社 大阪市中央区、社長 井上 晶博)化成品事業部は、金属・木材など多様な材料を芯材に高機能樹脂を複合化した樹脂複合押出成形材「KuranVarie:クランバリエ」を開発し、平成20年4月より販売いたします。 


1.開発背景
当社の既存商品である合成木材「クランウッド(樹脂発泡押出品)」は、住宅用の外装化粧材や、浴室・洗面所などの水廻り用途、ベンチ材など住宅・住設関連資材、産業資材として幅広く採用いただいております。しかし、近年このような用途以外に、ルーバーやサッシなど強度や寸法安定性が求められるような部位への展開ニーズも高まってきており、強度と意匠性を両立させた素材が求められてきています。一般的には、意匠性を持たせるために芯材表面に木目などのシートを貼り合わせたものがありますが、これでは、剥がれなどの耐久性への不安や、表面の質感・触感などの表現力に物足りなさがありました。
このようなニーズに対応するために、合成木材「クランウッド」の開発で培った多層化技術、インサート技術をベースに、用途ごとに求められる機能性樹脂と金属等の芯材を一体成形できる樹脂複合押出成形材「KuranVarie:クランバリエ」を開発し、販売を開始します。


2.製品概要
「KuranVarie:クランバリエ」は、多層化技術、インサート技術を活用した樹脂複合押出成形材です。多層化技術とは、種類の異なる樹脂を同時に押出成形することによって、色柄や質感などの意匠と、耐候性能や防汚性能などの機能を製品に付与する技術です。
またインサート技術とは、樹脂と芯材を製造ライン上で複合化することで、製品に任意の性能を付与する技術です。これらの技術を活用することで、製品の手触りや意匠などのソフト面では樹脂の性質を活かし、剛性や寸法安定性などのハード面では芯材の性能を活かすことができます。
商品バリエーションとしては、発泡・非発泡樹脂成形体と芯材を製造ライン上で複合化させるインサートタイプと、芯材表面に樹脂を被覆するコーティングタイプがあります。いずれのタイプも様々な芯材を用いることで、樹脂押出品単体では難しかった用途への展開が可能となります。

■商品バリエーション
1)インサートタイプ
樹脂成形品の一般的用途に展開する場合、芯材を必要最低限にし、残りの部分に発泡樹脂を用いることで軽量化が可能となります。施工を要するような場合は施工手間の軽減も実現します。さらに住宅開口枠等に使用することで発泡樹脂による断熱効果強化も可能です。もちろん単純断面形状だけでなく異形断面形状にも対応可能です。
    
2)コーティングタイプ
樹脂で芯材の表層を被覆することで表面に継ぎ目のない意匠表現を実現できます。シートラッピングでは困難な入隅部位などにも均一に被覆することができます。形状の全周、あるいは部分的に樹脂をコーティングすることで、用途や目的に合わせた製品化が可能です。


3.「 KuranVarie(クランバリエ)」の特長
(1)使用環境に合わせた性能の実現
住宅・住設関連資材、産業資材等の内外装用途で実績のある樹脂を選定することで、耐候、耐薬性能など使用環境に応じて求められる性能を実現します。
     
(2)優れた意匠の演出
合成木材(クランウッド)は、1971年の発売以来独自の意匠表現(木目調、石目調など)を化粧用途、水廻り用途を問わず追求してきましたが、クランバリエはそれらの意匠をすべて表現可能です。

(3)一体成型ならではのメリット
表層樹脂と芯材を一体成形しますので、様々な異形断面形状にも対応できます。
また、樹脂と芯材は接着層や樹脂の特性を活かし、強固に複合化させておりますので、容易に剥がれることなく、様々な用途で耐久性を発揮します。

(4)加工性
表層樹脂と芯材の密着性が高いため、芯材単体時と同等の加工が可能です。

(5)リサイクル
クランバリエは、マテリアルリサイクルすることが可能です。


4.主な用途
エクステリア材、住宅用内・外装部材、断熱サッシ、一般産業資材


5.販売目標  
  初年度 1億円    3年後 3億円


6.お問い合わせ先
クラボウ 化成品事業部
大阪本社 建材部 建材企画課 (担当:鈴木)
〒541-8581 大阪市中央区久太郎町2-4-31
TEL:06-6266-5506 
FAX:06-6266-5117
e-mail : Rsg_Grp@kurabo.co.jp

東京支社 化成品営業部 (担当:森松)
〒103-0023 東京都中央区日本橋本町2-7-1 NOF日本橋本町ビル3F
TEL:03-3639-7082 
FAX:03-3639-7007
e-mail : Rsg_Grp@kurabo.co.jp



ニュース一覧へ戻る
PAGE TOP