ニュースリリース

2008年

2008年12月18日

高温・高耐久用途への対応を可能にした「耐熱・高耐久性真空断熱パネル」の開発

 

クラボウ(資本金 220億円、本社 大阪市中央区、社長 井上晶博)技術研究所および化成品事業部は、従来の真空断熱パネルVIPシリーズ(注1)の耐熱性および耐久性を大幅に改善した「耐熱・高耐久性真空断熱パネル」の基本技術を開発しました。 
 「耐熱・高耐久性真空断熱パネル」は、化成品事業部がこれまで販売してきた「真空断熱パネル」の製造技術をベースに、外包材に「耐熱性」「長期耐久性」をプラスすることにより、高温・高耐久用途への対応を可能にした新しい素材です。


1.開発の目的
 クラボウでは、1994年よりポリウレタンフォームを芯材とした真空断熱パネル「クランパック」を製造・販売してきました。高い断熱性能および省スペース性において高い評価をいただき、2002年には「第5回オゾン層保護・地球温暖化防止大賞」の優秀賞を受賞しております。また2003年には真空断熱材の新しい芯材としてガラス繊維を使用した「ビグラス」、2005年にはリサイクル性に優れたポリエステル繊維を芯材として使用した「ユニサルペット」を商品化してまいりました。
 地球環境保護の意識が向上し、省エネルギー推進の機運が高まる中、真空断熱パネルにも新たな「機能」が求められております。その中でも、乾燥器や恒温槽など100℃以上の条件下で真空断熱パネルを使用するための「耐熱性」および「耐久性」の向上が求められております。
 そこで、これまでに培った真空断熱パネルの製造技術をベースに、「耐熱・高耐久性真空断熱パネル」の開発に着手し、この度その基本技術の確立に成功しました。


2.技術の概要
 真空断熱パネルの耐熱化および高耐久化を図るうえでの課題は、外包材の耐熱性およびガスバリア性(注2)ですが、これらを兼ね備えた外包材としてステンレス箔を採用することとしました。
 現在商品化している真空断熱パネルでは、内部のグラスウール芯材は耐熱温度350℃ですが、外包材である樹脂ラミネートフィルムは耐熱温度が僅か80℃であり、耐熱性に優れた真空断熱パネルのためには、耐熱性外包材の開発が不可欠です。ステンレス箔の耐熱性は300℃以上であり、従来の樹脂ラミネートフィルムを大きく上回る耐熱性を持ちます。
 さらに、樹脂ラミネートフィルムは樹脂フィルムの中ではガスバリア性に優れた材料でありますが、ガス透過はゼロではなく、真空断熱パネルの内部に侵入したガスが内圧を増加させ、断熱性能低下の原因となってしまうため、ガス吸着剤を併用する必要がありました。外包材をステンレス箔に変えることで、ガス透過がほとんどなくなり、真空断熱パネルの耐久性が大幅に向上します。
 クラボウでは、新規外包材としてガスバリア性に優れ耐熱温度300℃以上を有するステンレス箔の接合技術およびステンレス箔を用いた真空断熱パネルの真空封止技術を開発することで、耐熱性と耐久性の高い真空断熱パネルの開発に成功しました。


3.「耐熱・高耐久性真空断熱パネル」の特長
(1)耐熱性かつ高耐久性
200℃の環境下で使用しても断熱性能は経年劣化しません。

(2)高断熱性
熱伝導率は、0.003W/m・K(平均温度20℃)
ウレタンフォームの7倍、グラスウールの15倍の断熱性能を持ちます。

(3)極薄対応可能
高断熱性であり、かつ厚さ1mmの極薄品も可能であるため、今まで断熱材を入れることができなかった電子機器の周辺などの狭い場所にも適用できます。

(4)不燃材料
不燃材料であるグラスウール芯材とステンレス箔から構成されています。

(5)低発塵性
グラスウール芯材をステンレス箔の容器の中に真空封入しているため、ハンドリングでの発塵性はほとんどありません。


4.サイズ
(1)厚み:断熱部1mm~15mm
(2)幅 :断熱部500㎜以下
(3)長さ:断熱部1,000㎜以下


5.主な用途
(1)乾燥機・恒温槽の断熱
(2)半導体製造装置の断熱 
(3)燃料電池の断熱 
(4)調理機器断熱 
(5)住宅用断熱材


6.今後の予定
 新規開発材料であるため、当面は用途探索、提携企業探索に重点を置き、平成21年度中の事業化を目指します。また、サンプル提供は当社が所有する実証試験機で製造し対応可能です。


7.お問合せ先
 クラボウ 化成品事業部
 大阪本社 建材部 住設機能商品課(担当:池田)
 〒541-8581 大阪市中央区久太郎町2-4-31
 TEL:06-6266-5479  FAX:06-6266-5117

 東京支社 化成品営業部 住設機能商品課(担当:山下)
 〒103-0023 東京都中央区日本橋本町2-7-2 NOF日本橋本町ビル2階
 TEL:03-3639-7081  FAX:03-3639-7007
             
 クラボウ 技術研究所 材料化学グループ(担当:高島)
 〒572-0823 大阪府寝屋川市下木田町14-5
 TEL:072-823-8137  FAX:072―823-7906
           
以 上


(注1)真空断熱材VIPシリーズは、下記の3種類をラインナップ
「クランパック」・・・ポリウレタンフォームを芯材とした真空断熱材
「ビグラス」・・・・・グラスウールを芯材とした真空断熱材
「ユニサルペット」・・ポリエステル繊維を芯材とした真空断熱材

(注2)ガスバリア性
外包材の性能として、空気などの気体や水蒸気などの透過を防ぐことを意味する。



ニュース一覧へ戻る
PAGE TOP