ニュースリリース

2013年

2013年02月15日

LED材料用高精度自動計量装置を開発

2013年2月15日

クラボウ(資本金 220億円、本社 大阪市中央区、社長井上晶博)エレクトロニクス事業部は、LED材料用自動計量装置 「AUKITCHENⓇ(アウキッチン)-LED」を開発し、販売を開始しました。この装置はLED材料の蛍光体(粉体)と高粘度シリコーン封止材(液体)を±0.3mgの高精度で自動計量することが可能です。「アウキッチン-LED」を導入することにより、LED材料の計量作業のスピードアップと高精度化、計量ミスの防止が実現できます。

装置は主に国内および海外のLEDメーカー向けに販売を開始します。

 

1.開発の背景

クラボウ エレクトロニクス事業部は、昭和50年代から自社の染色工場のハイテク化に取り組み、染色分野での調色・調液技術で豊富な実績を持っています。染料や顔料の粉体や液体の自動計量装置「アウキッチンシリーズ」は、開発・販売から保守・メンテナンスまでをトータルでサポートしており、これまでに染色業界をはじめ塗料やインク、プラスチックなど様々な業界での計量の自動化を支援してまいりました。

今回の「アウキッチン-LED」が対象とするLED業界では、製造現場やR&DでLED材料の蛍光体(粉体)とシリコーン封止材(液体)を手作業で計量しています。しかし、比重の大きな蛍光体や高粘度のシリコーン封止材を手作業によってミリグラム単位で精度良く計量する作業は熟練が必要で、時間がかかるうえに、計量誤差があると製品の安定性に大きく影響してしまいます。そこで、計量の自動化へのニーズが高まり、材料を迅速かつ正確に計量できる装置の開発が求められていました。

 

2.LED材料用自動計量装置 「アウキッチン-LED」の特長

この装置は、蛍光体の計量ユニットとシリコーン封止材の計量ユニットから構成され電子天秤が各計量ユニットを移動しながら自動的に計量します。装置は標準で蛍光体ユニットが1台とシリコーン封止材ユニットが2台で構成されますが、各ユニットはオプションで増設可能です。また、LED材料は材料の交換時に装置の洗浄が必要になるため、メンテナンスを容易にしています。特に、シリコーン封止材はボトルをそのまま装置にセットできて、配管と計量シリンジは使い捨ても可能にしています。

 

(1)分解洗浄が容易な蛍光体計量ユニット

蛍光体計量ユニットは、例として蛍光体5gを2分以内で±0.3mgの高精度で計量可能です。また、シンプルな構造の粉体計量ユニットを専用に開発し、分解洗浄が容易に行えるようにしました。

(2)高粘度な材料まで対応可能なシリコーン封止材計量ユニット

シリコーン封止材計量ユニットは、幅広い粘度の材料に適応でき、±0.3mgの高精度で計量可能です。また、材料は直接ボトルから送液しますので計量ユニットの洗浄は非常に簡単です(送液のチューブと計量シリンジは使い捨てにできます)。

(3)計量後の材料の撹拌脱泡作業

「クラボウ遊星式撹拌脱泡装置マゼルスターシリーズ」をあわせて使用すれば、計量後の材料の容器をそのまま「マゼルスター」に装着して撹拌と脱泡まで簡単に行えます。

 

3.販売計画

販売価格:650万円/台(税別)

販売台数:20台/年間

 

4.お問い合わせ先

クラボウ エレクトロニクス事業部

〒541-8581 大阪市中央区久太郎町2-4-31   

情報システム営業部 担当:森岡

TEL:06-6266-5512 FAX:06-6266-5529

E-Mail msg@ad.kurabo.co.jp

URL  http://www.kurabo.co.jp/

 



ニュース一覧へ戻る
PAGE TOP