ニュースリリース

2014年

2014年02月04日

北条工場跡地の活用策について

クラボウ(資本金 220億円、本社 大阪市中央区、社長 井上晶博)不動産開発部は、愛媛県松山市の北条工場跡地を、大規模太陽光発電所(メガソーラー)の用地として賃貸することを決定しました。

 

1.賃貸に至った経緯

当社は平成25年6月末をもって閉鎖した北条工場跡地(約106,000㎡。社宅跡地を含む)の活用策について種々検討を重ねてまいりました。

この度、立地条件等を勘案した結果、環境への配慮にも資することのできる大規模太陽光発電所(メガソーラー)用地とすることとし、四国一円で太陽光発電事業を展開する株式会社四電工(注)との間で土地賃貸借契約を締結しました。

 

2.今後の予定

(1) 平成26年5月  賃貸借開始

(2) 平成27年末頃  発電開始

 

3.発電事業の内容

(1) 年間発電量 1,000万kWh

(2) 発電容量   9,400kW

 

4.お問い合わせ先

〒541-8581 大阪市中央区久太郎町2-4-31

ク ラ ボ ウ 総務部広報グループ (担当 北勝、山﨑)

TEL 06-6266-5073   FAX 06-6266-5555

以 上

 

(注)株式会社四電工

 所在地  香川県高松市松島町1丁目11番22号

 代表者  代表取締役社長 武井 邦夫

 資本金  34億円

 事業内容  電力供給設備・建築設備の工事、太陽光発電事業ほか

 主要株主  四国電力31%



ニュース一覧へ戻る
PAGE TOP