ニュースリリース

2015年

2015年08月05日

―27年ぶりに福山で素材商談会を開催します―
「2015クラボウユニフォーム素材展in福山」のご案内

クラボウ(資本金 220億円、本社 大阪市中央区、社長 藤田晴哉)繊維事業部は、平成27年8月20日(木)、21日(金)に広島県立ふくやま産業交流館ビッグ・ローズ(広島県福山市)において「2015クラボウユニフォーム素材展in福山」を開催します。

 詳細については、次のとおりです。

 

1.開催の目的

クラボウ繊維事業部では、機能・感性・環境などをテーマとした様々な素材をご提案する場として東京で年1回「クラボウ繊維事業部展」を開催しております。しかし、ユニフォームアパレルが多く集まる岡山県、広島県にまたがる三備地区のお客様からは、中国地方でもより多くの関係者に素材提案をして欲しいとの要望が多く、当社のユニフォーム分野向けの素材を集めた「クラボウユニフォーム素材展」を三備地区で開催することといたしました。

この素材展は、27年ぶりに開催するもので、ワーキングをはじめオフィスやサービスなど様々なユニフォーム分野に適した素材の機能や用途展開をご紹介いたします。また、個別に細やかな商談を行うことでクラボウの品質安定性・納期対応力などお客様との取り組み姿勢をしっかりとご説明させていただき、お客様との接点をより一層深めるとともにユニフォーム市場の活性化へとつなげてまいります。

 

2.展示会テーマと会期

(1)展示会名称:「2015 クラボウユニフォーム素材展in福山」

   展示会テーマ:「New Life Workers」

今回の展示会では、働く人のライフスタイルと感性を大切に、新しいコンセプトで開発されたワークウェアを提案する「New Life Workers」をテーマに掲げ、職場をシーン別に細分化し、それぞれのシーンで働く人の感性にきめ細かく配慮した、最適な機能、最適なカラー、最適なスタイルの素材をご提案します。

 

(2)会期・会場

 会場:広島県立ふくやま産業交流館 ビッグ・ローズ E・Fホール

 住所:〒720-0001 広島県福山市御幸町大字上岩成字正戸476-5

 会期日時:平成27年8月20日(木)~8月21日(金) 10時~17時

 

3.主な展示素材

  繊維事業部の重点戦略素材「ブレバノ」「クレンゼ」「エアーフレイク」の3ブランドをはじめ、天然繊維をベースとした高機能・高感度の開発素材をご紹介します。 

(1)難燃素材「ブレバノ/BREVANO」

クラボウ独自の技術による高い難燃性能と綿の快適性、安定した品質により、国内外において多くの販売実績のある難燃素材です。

 

(2)抗ウイルス機能繊維加工技術「クレンゼ/CLEANSE」

ウイルスを家庭や職場に「持ち帰らない」「持ち込まない」をコンセプトに、クラボウが開発した抗ウイルス機能繊維加工技術です。現在、17種類の微生物(ウイルス・細菌・真菌)に対する効果を確認しています。

 

(3)バイオミメティックマテリアル素材「エアーフレイク/Air Flake」

かさ高性、保温性、軽さの機能に加え、家庭洗濯も可能なクラボウが独自に開発した全く新しい中わた素材です。

 

(4)特殊紡績糸「ハイテックスパン/HI・TECSPUN」

特殊な糸構造により優れた抗ピリング性と洗濯耐久性、優れた吸水性、さらりとした風合い、やわらかな肌ざわりなどの機能性と毛羽が少なくクリアな外観などのファッョン性に富んだ汎用性の高い糸です。

 

(5)高視認素材「フューチャー/FUTURE」

薄暮、夜間における作業者が、車などとの接触事故に巻き込まれるリスクなどを少しでも回避できるよう、暗い中での視認性を高めた素材です。

*高視認性衣類の国際規格ISO20471に準拠しています。

 

(6)高通気性素材「風織」

工夫された「織」組織により、暑い夏でも「風を感じる」優れた通気性を実現したユニフォーム素材です。

 

(7)織物と編物の融合「オリアミクス/OLIAMIX」

「織物」の強さと「編物」の優しさを融合したことで、新しいデザイン開発や、新たな分野への拡がりが期待できるハイブリッド素材です。

 

(8)デニム感覚素材「デニムニ/DENIMUNI」

ユニフォーム用に開発されたデニムの表情を生かした新素材で、働く人を優しく心地よく、カッコよく包み込む新感覚のユニフォーム素材です。

 

その他クラボウ独自の感性・技術力で開発した素材群を多数展示します。

 

 

4.お問い合わせ先

クラボウ 繊維事業部 http://www.kurabo.co.jp/cotton

ライフスタイル部 ユニフォーム課 担当:秋山 

〒541-8581 大阪市中央区久太郎町2-4-31

TEL:06-6266-5288 FAX:06-6266-5539

 

以 上



ニュース一覧へ戻る
PAGE TOP