ニュースリリース

2015年

2015年08月26日

倉敷アイビースクエアとマスティ倉敷の合併について

 クラボウ(資本金 220億円、本社 大阪市中央区、社長 藤田晴哉)は、岡山県倉敷市所在のグループ会社である株式会社倉敷アイビースクエア(以下、アイビー)と株式会社マスティ倉敷(以下、マスティ)を本年10月1日付で合併いたします。

 詳細については、次のとおりです。

 

1.合併の目的

 明治時代に建てられた当社発祥工場を活用し、昭和48年にホテルとして設立したアイビーは、倉敷美観地区の一角を占める観光拠点となっており、ご宿泊等により毎年多くのお客様にご利用いただいております。また、平成19年には経済産業省の「近代化産業遺産」(注)にも認定されるなど、創業の地としてのクラボウグループのシンボルというだけでなく、倉敷を代表する歴史的施設としても地域の発展に貢献しております。一方、マスティは、生活用品を販売する小売業として地元の皆様の生活に密着した事業展開を行っております。

 今回の合併により、赤煉瓦に蔦の絡まるホテルとして高い知名度を有するアイビーのブランドカと、長年の小売業で培ったマスティの商品企画のノウハウを融合させることで、新たなアイビー関連商品やサービスの開発・提供を目指します。また、マスティが有する小売の販売ルートを活用し、これらの商品・サービスの展開を進めるなど、様々な相乗効果も期待でき、新生アイビーとして一層の業容拡大に注力してまいります。

 

2.合併する両社の会社概要(平成27年3月31日現在)

(1)株式会社倉敷アイビースクエア(合併存続会社)

 ■事業内容:ホテル、レストラン、ゴルフ練習場、文化施設の経営

 ■設  立:昭和48年5月28日

 ■本  社:岡山県倉敷市本町7番2号

 ■資 本 金:250百万円(クラボウ100%子会社)

 ■従業員数:221名

 ■社  長:小林 清彦

 (注)近代化産業遺産とは、経済産業省が平成19年11月に発表した日本産業の近代化の過程を物語る全国各地に残る建造物や機械、文書などの文化遺産群です。倉敷アイビースクエアおよび同敷地内にある倉紡記念館などが認定されています。

 

(2)株式会社マスティ倉敷(合併消滅会社)

 ■事業内容:小売販売

 ■設  立:昭和28年12月10日

 ■本  社:岡山県倉敷市北浜町3番3号

 ■資 本 金:20百万円(クラボウ100%子会社)

 ■従業員数:97名

 ■社  長:村田 徹

 

3.お問い合わせ先

クラボウ 大阪本社 総務部広報グループ 担当:山崎

〒541-8581 大阪市中央区久太郎町2-4-31

TEL:06-6266-5073 FAX:06-6266-5555

 

以 上

 

(ご参考)

本案件のニュースリリースは、倉敷記者クラブにもグループ会社の株式会社倉敷アイビースクエアが資料配布を行っております。



ニュース一覧へ戻る
PAGE TOP