ニュースリリース

2015年

2015年12月22日

デニムの総称ブランド「KURABO DENIM PRIME BLUE」を新たに設定!
―欧米を中心にグローバルな販売を強化―

 

クラボウ(資本金 220億円、本社 大阪市中央区、社長 藤田晴哉)繊維事業部は、デニムビジネスにおいて欧州を中心としたグローバル展開を拡大するべく、クラボウデニムのブランドロゴをリニューアルします。また、開発販売体制においても国内の協力工場との連携を強化し、日本の品質力とクラボウデニムのブランド力を活かしたデニム素材の提案力を高め、事業部のスローガンでもある「Your Best Partner-KURABO 歓びと驚きをお客様へ。」を実践し、お客様との取り組みをより一層深めるとともに付加価値の高い素材提案を行ってまいります。

 

1.ブランドロゴリニューアルの背景

当社は、1973年にデニム用原糸の生産・販売を開始し、1980年代には欧米への輸出を拡大するなど国産デニムの先駆けとしてデニムビジネスを展開してまいりました。特に欧米の有名デニムブランドには、クラボウデニムの総称ブランドとして「KURABO DENIM(クラボウデニム)」が浸透しており、現在も支持されています。昨今は、デニムトレンドへの回帰により欧米への販売が回復基調にありますが、市場は低価格志向と高付加価値志向の2極化が進んでおり、ニーズも多様化が加速してきています。クラボウでは、この多様化するニーズに合わせたマーケティング活動を展開するにあたり、クラボウデニムの新ブランドマークの投入と、クラボウデニムの生産ネットワーク企業の若手社員中心の開発チームの立ち上げにより、日本の品質力・開発力をベースにグローバルな販売体制を強化してまいります。

 

2.クラボウデニムの新ブランドについて

従来の「クラボウデニム」のブランドマークは、海外市場においてはすでに多くのお客様に使っていただいておりますが、従来のデニム製品に比べより一層付加価値を追求した商品や企画向けに新たなデニムの総称ブランド「KURABO DENIM PRIME BLUE(クラボウデニム プライムブルー)」を設定いたします。対象となる商品には、織りネームやラベルを付け、ブランド意識の強い消費者にクラボウデニムブランドの浸透を図ってまいります。

■PRIME BLUE(プライムブルー)とは、付加価値を追求した極上のデニムの意味

 

 

3.開発体制の強化

KURABO DENIM PRIME BLUE(クラボウデニム プライムブルー)」を展開するにあたり、クラボウの営業・技術・マーケティングの各担当社員およびクラボウデニムの生産ネットワーク企業である坂本デニム㈱(糸染め)、篠原テキスタイル㈱(織布)、コトセン㈱(整理加工)からの代表メンバーで構成される開発チームを立ち上げ、それぞれが持つ専門知識と日本国内で培われた開発力・品質力を活かした素材開発から素材提案までをワールドワイドに展開します。また、メンバーには、ジーンズソムリエ(注)の資格取得を義務付け、デニムの情報提供・企画提案力をさらに高め顧客満足度の向上を図ってまいります。

 

4.お問い合わせ先

クラボウ 繊維事業部 http://www.kurabo.co.jp/cotton

衣料貿易部 カジュアル課 担当:三谷

〒541-8581 大阪市中央区久太郎町2-4-31 

TEL:06-6266-5324 FAX:06-6266-5204

以 上

 

 (注)ジーンズソムリエ

倉敷ファッションセンター株式会社(岡山県倉敷市)が、ジーンズに関する深い知識を有し、その魅力や価値を正しく伝えられるプロフェッショナルな人材、ジーンズ選びのアドバイザーを育成することを目的に創設した資格認定制度。

KURABO DENIM PRIME BLUE ロゴマーク

KURABO DENIM PRIME BLUE ロゴマーク



ニュース一覧へ戻る
PAGE TOP