ニュースリリース

2016年

2016年04月01日

丸亀工場のISO14001自己宣言について

 

クラボウ(資本金 220億円、本社 大阪市中央区、社長 藤田晴哉)繊維事業部は、丸亀工場(注1)において、運用している環境マネジメントシステムが、ISO14001の国際規格に適合していることを自己宣言(注2)いたしました。昨年4月1日に安城工場と徳島工場がISO14001の自己宣言を実施しており、これで繊維事業部の全工場が自己宣言を行ったことになります。

丸亀工場は平成20年5月に、高圧ガス保安協会(KHK)の審査によりISO14001の認証を取得し、以来、定期的に認証を継続してまいりました。認証取得から約8年が経過しており、環境マネジメントシステムが充分に定着し、また管理レベルも格段に向上していることから、自主的に運用できる水準に達していると判断し、今回、ISO14001の規格に適合していることを自己宣言することにしました。

今回の自己宣言にあたり、その妥当性を確認するため、環境管理の本社統括部門がISO14001の規格にもとづき、丸亀工場の環境マネジメントシステムを監査し、ISO14001の規格に適合していることを確認しました。

丸亀工場では、ISO14001の認証取得から自己宣言に移行したことを機に、さらなる管理レベルの向上を目指すとともに、事業と一体化した環境経営により収益性の向上にも取り組んでまいります。

 

1.自己宣言の概要について

(1) 宣言日:平成28年4月1日

(2) 適用規格:ISO14001:2004(JIS Q 14001:2004)

(3) 適用範囲:綿・合繊その他各種繊維素材の製造

(4) 自己宣言書:別紙をご参照ください。

 

2.お問い合わせ先

クラボウ 

施設環境部 担当:秋田

〒541-8581 大阪市中央区久太郎町2-4-31

TEL:06-6266-5161 FAX:06-6266-5606

http://www.kurabo.co.jp

 

以 上

 

(注1)丸亀工場について 

生産品目:紡績糸

所在地:香川県丸亀市

操業:昭和8年

工場敷地:約56,000㎡

 

(注2)ISO14001自己宣言

自己宣言とは、ISO14001に規定された規格との適合を示す方法のひとつとして、ISO14001規格に明記されており、自らの責任のもとに規格に適合することを宣言するものです。


添付ファイル
クラボウ丸亀工場ISO14001自己宣言書
ニュース一覧へ戻る
PAGE TOP