ニュースリリース

2016年

2016年09月30日

真空脱泡機能を搭載した小型軽量タイプ
撹拌・脱泡装置K-ミキサーシリーズの小型機「OR-V1」を販売開始


クラボウ(資本金 220億円、本社 大阪市中央区、社長 藤田晴哉)環境メカトロニクス事業部は、真空タイプの遊星式撹拌・脱泡装置「K-ミキサー」シリーズの小型新機種OR-V1の販売を開始いたします。今回、販売を開始するOR-V1は、少量の材料を撹拌や脱泡することに特化した装置で、従来の機種に比べコンパクト化、低価格を実現しました。

 

1.開発の背景

電子デバイス機器などの生産時に使用される接着剤や導電性ペースト内に生じる泡が接着不良や導電不良などを引き起こすことがあり、この泡を効率的に取り除く装置が必要とされております。当社が開発、販売している遊星式撹拌・脱泡装置「マゼルスター」は、材料の入った容器を公転と自転させることにより撹拌棒や羽根を使用せずに撹拌と脱泡を同時に行える装置として、主に半導体やエレクトロニクス分野で使われています。電子機器がより一層小型化する中、これまで以上に微細な泡でも不良につながるケースが増えており、より確実に脱泡ができる装置に対するニーズが高まってきています。脱泡能力を高めるには、真空式が最適ですが、従来の真空機能を搭載した撹拌・脱泡装置は、装置自体が大きいことと価格が高いため、処理量に比べてコストがかさむことが大きな課題でした。今回、この課題に対応するため、機能を絞り込み、少量の処理に合わせたサイズにすることで、低コストかつコンパクトな真空脱泡ができる機種を開発し、シリーズのラインアップを拡充しました。

 

2.「K-ミキサー OR-V1」の特長

「K-ミキサー OR-V1は、半導体・エレクトロニクス分野などで高い実績のある「マゼルスター」の姉妹シリーズで、低価格・コンパクトを実現し、真空機能を備えた撹拌脱泡装置です。材料の入った容器を回転させる際に自転速度が公転速度を上回る設計としたことで、これまで撹拌・脱泡時に遠心力が働きにくかった5cc50ccのシリンジや小型容器でも効率的に撹拌、脱泡を行うことができます。半導体、液晶パネル、LED2次電池などの生産時に使用される高価で少量しか使われない材料を無駄なく処理することができます。

(1)自転速度が公転の約1.7

シリンジや小型容器は容器径が小さいため撹拌が難しいですが、自転速度比率のアップにより、効率的な撹拌・脱泡ができます。

(2)小型軽量&シンプル

約30cmキューブのコンパクトボディで設置スペースを取らず、持ち運びも簡単です。また、シンプルな機構で操作が簡単です。

3.主要仕様

(1)最大処理量:100g×2カップ

(2)電源電圧:AC100

(3)外観寸法:W300× D300× H313mm

(4)本体重量:約20Kg

(5)オプション:各種容器対応アタッチメント

 

4.販売開始時期・販売目標

(1)販売開始:平成28101

(2)販売価格:58万円/台(税別)

(3)販売目標:300/平成28年度

 

5.お問い合わせ先

クラボウ 環境メカトロニクス事業部

(大阪)情報システム営業部 担当:森岡

〒572-0823 大阪府寝屋川市下木田町14-30

  TEL072-812-5205 FAX072-812-5261

(東京)システム営業課 担当:小松

  〒103-0023 東京都中央区日本橋本町2-7-1

   TEL03-3639-7087  FAX03-3639-7097

    URL http://www.kurabo.co.jp/   E-Mail msg@ad.kurabo.co.jp

  

以 上

K-ミキサー OR-V1

K-ミキサー OR-V1



ニュース一覧へ戻る
PAGE TOP