ニュースリリース

2017年

2017年08月21日

高機能樹脂加工品の生産・開発能力を2倍以上に増強
―熊本開発センターの増床を決定―

 

クラボウ(資本金 220億円、本社 大阪市中央区、社長 藤田晴哉)化成品事業部は、下記のとおり熊本開発センターに於いて新棟を建設・増床することに決定しましたので、お知らせいたします。

 

1.増床の目的

クラボウ熊本開発センターでは半導体製造装置に使用される、耐薬品性に優れ、クリーン性が高い高機能樹脂加工品の開発・加工を行っております。

近年パソコンやスマホに代表される電子機器をはじめ、自動車や家電など様々な分野において、IoT(モノのインターネット)やAI(人工知能)などの活用が注目され、半導体のニーズは増加傾向にあり、当社が製造・販売する高機能樹脂加工品についても需要の増加が見込まれることから、熊本開発センターに新棟を建設・増床し、生産能力と開発体制を現行の2倍以上に強化することを決定しました。

当社は、中期経営計画「Advance’18」の基本方針「収益拡大に向けた事業変革」の実現のため、今後市場拡大が見込まれる半導体製造関連分野での高機能樹脂加工品の販売を本投資により、一層拡大していく方針です。

 

2.熊本開発センターの概要

 (1)所在地熊本県菊池市

 (2)開  設:平成2410

 (3)従業員数:31

 (4)生産品目:高機能樹脂加工品

 (5)新棟について

   ①着   工:平成299

   ②操業開始:平成303月(予定)

   ③建   物:鉄骨4階建て 延床面積 3,357㎡ (既存部分と合計で3,932㎡となる)

   ④設備内容:クリーンルーム、高機能樹脂の各種加工設備、評価・分析関連装置 一式

   ⑤投 資 額:約6億円

 

3.お問い合わせ先

  クラボウ 大阪本社

   総務部 広報グループ 担当:山崎

   〒541-8581 大阪市中央区久太郎町2-4-31  TEL06-6266-5073  

 

 以 上



ニュース一覧へ戻る
PAGE TOP