環境レポート

マネジメント

環境保全活動の歩み・環境憲章 ISO14001認証取得・環境監査 環境会計

環境保全活動のあゆみ

 クラボウでは早い時期から、環境問題に配慮し対策に取り組んできました。公害の未然防止から始まり、オイルショック後の省エネルギー推進、また地球環境問題に対処するため全般的な環境管理活動を実施してきました。環境への取り組みは、企業の社会的責任(CSR)と位置付け、積極的に環境保全活動を推進しています。

 環境管理活動の柱として、環境監査による内部統制、ISO14001規格に基づいた環境マネジメントシステムの構築、ゼロエミッションの推進等を行い、活動状況とその成果は環境レポートとして公開しています。また、環境配慮製品の開発やPRなど、社外にも活動の場を広げています。

組織体制

1973年 環境管理委員会の設置(公害の未然防止)
1979年 省エネルギー委員会の設置(省エネルギー推進)
1994年 環境委員会の設置(全般的な環境管理活動)
2006年 クラボウCSR委員会の設置(CSR活動の統括)

環境管理活動

1996年 環境管理規程の制定  
1997年 環境監査の開始(関係会社は2002 年より)  
1998年 環境憲章の制定  
1999年 徳島工場がISO14001の認証取得  
2000年 環境レポートをインターネットで公開  
2002年 環境会計の導入  
2005年 「チーム・マイナス6%」に参加
エコプロダクツに出展開始
 
2007年 ゼロエミッションの推進  
2008年 環境家計簿の導入  
2010年 「チャレンジ25」に参加  
2015年 安城工場と徳島工場がISO14001の自己宣言実施  
2016年 丸亀工場がISO14001の自己宣言実施、安城工場と徳島工場は自主審査実施  
PAGE TOP

環境憲章

 1998年に「クラボウ環境憲章」を定め、クラボウの環境に対する基本方針と社員が取るべき行動指針を明確にしました。その後、グループ全体として環境保全活動に取組むようになったため、2006年に「クラボウ環境憲章」を「クラボウグループ環境憲章」と改め、グループ全体で遵守しています。

基本方針

 私たちクラボウグループは、常に地球環境に配慮して組織的かつ継続的に環境負荷の低減に努めます。
このため企業活動のあらゆる分野において、積極的に環境管理のレベル向上を目指すとともに、環境に調和した製品・サービスの提供に努めます。

行動指針
  1. 関係法令、規則等の遵守
    • 自主管理基準の設定と運用
  2. 環境負荷の低減
    • 環境に配慮した新技術・新製品の開発
    • 資源の有効利用とリサイクル
    • 省エネルギーの推進
  3. 地域の環境と共生した事業所の運営及び安全・健康の確保
  4. 環境に関する社内体制の充実と教育・啓蒙
PAGE TOP