環境レポート

ごあいさつ

 現在、企業を取り巻く経営環境は、めまぐるしく変化しています。国内だけ見ましても、東日本大震災以降、原発の停止、急激な為替変動、消費動向の変化、電力小売りの完全自由化など、さまざまな現象が生じています。このような変化に対応して企業活動を行い、社会に貢献するためには、速やかな意思決定と強い実行力が求められます。

  当社は、企業の社会的責任(CSR)を果たすため、社長自らを委員長とするCSR委員会を設置し、地域・社会・お客様など、あらゆるステークホルダーに対する取り組みを積極的に推進してきました。環境保全活動もその活動の一環として取り組んでおり、グループ全体で地球環境保全の重要性を認識し、環境に配慮した事業活動を行っています。

 これまでも、地球温暖化ガス(CO)の削減やゼロエミッションの推進など、環境負荷の低減に向けてさまざまな施策を行い、大きな成果を上げてまいりました。今後さらに努力を重ね、豊かな自然を後世に残せるよう、低炭素化社会、資源循環型社会の形成に貢献していきたいと考えております。

 クラボウのみならずグループ全体が一丸となって企業の社会的責任を果たし、地域社会への貢献に努めたいと考えておりますので、引き続きご支援とご理解を賜りますようお願い申し上げます。


2016年7月
倉敷紡績株式会社
代表取締役社長 藤田 晴哉

PAGE TOP