創立者の理想とした患者本位を基盤に、世界水準の高度先進医療を行うため、地域医療連携に努め、地域ナンバーワン急性期基幹病院の実現を目指して実績をあげ、外部から高い評価を得ている。同時に説明ある医療による患者さん参画の医療を目指し、創立当初からアメニティにも十分配慮。温室・ギャラリー等の癒しの空間を持ち、緑と光のあふれる病院らしくない明るい病院。

「平等公平」に徹する病院

倉敷中央病院のシンボル「温室と噴水」

倉敷中央病院のシンボル「温室と噴水」

「アメリカのロックフェラー病院にも負けない、東洋一の理想的な病院をつくる」。第二代社長大原孫三郎が、決心したのは、倉敷地方に感冒が流行し、地域住民への医療の不備を見かねてのことだった。大正12年開院した「倉紡中央病院」は、クラボウの従業員のためだけでなく、一般にも開放された最先端の総合病院。孫三郎の創意によって、四季を通じて花が楽しめる温室付の休憩室、患者を歩かせてはならないとエレベーターも設けられた。が、もっとも注目すべきは、徹底した平等公平の精神。営利でも慈善でもなく、病室には等級がなく、また患者からの心付け贈物を厳禁した。昭和2年に「倉敷中央病院」と改名、9年には、財団法人として独立したが、現在1151床を持つ、先進的な医療を行う急性期基幹病院として、地域住民の厚い信頼を集めている。「『患者のみなさまの権利』宣言」を掲げて、患者本位を徹底する姿勢に、「家庭の温もりと最高の医術」という創立の精神が間もなく90年を迎える今日まで守り続けられているのを知ることができる。

クラボウをより知るための関連サイト

  • KURABO HISTRY 映像で綴る120年の歴史
  • 倉紡記念館
  • 社会貢献活動
  • 環境への取り組み
PAGE TOP