導入事例

口紅基材

課題・問題

  • check_boxパール、メタリック等、粉末の均一な撹拌が難しい。
  • check_box攪拌時間の短縮を図りたい。
  • check_box異物の混入やコンタミを防ぎたい。

解決・効果

  • check_box公転・自転速度の調整で、比重の大きい粉末も均一に分散できるになった。
  • check_box処理量の大小に関わらず、数分で処理できるようになった。
  • check_box容器に蓋をして、非接触で攪拌できる為、異物混入の心配がなくなった。

撹拌テスト

2分間で撹拌

撹拌テスト01
撹拌前
撹拌テスト02
撹拌後

オススメ機種・ポイント

KK-250S
KK-250S
(2軸 250g×1カップ)
KK-5000
KK-5000
(2軸 5kg×2カップ)

公転・自転独立可変(2軸)

パール、メタリック等、比重の大きい材料との均一
攪拌には、公転・自転速度の独立可変機構が大変有利です。

特殊容器にも対応可能

ステンレス製等、ご希望の容器で処理いただけます。