ニュースリリース

2019年

2019年02月06日

倉敷アイビースクエアの宿泊棟および大浴場がリニューアルオープン
- より快適になった空間が寛ぎのひとときを提供します -

 

クラボウ(資本金 220億円、大阪市中央区、社長 藤田晴哉)のグループ会社である倉敷アイビースクエア(岡山県倉敷市、社長 小林清彦)において、昨年7月より進めておりました宿泊棟(3、4号棟)および大浴場のリニューアルが完了し、本年2月2日にリニューアルオープンいたしました。

今回のリニューアルにより、より快適になった空間でお客様に寛ぎのひとときを提供してまいります。

 

1.倉敷アイビースクエア 第1期リニューアル計画について

クラボウ創業時(1888年(明治21年))の本社工場を、ホテルを中心とした複合文化施設として再生した「倉敷アイビースクエア」は、1974年(昭和49年)の開業以来、明治時代の紡績工場の雰囲気を生かした「蔦のからまる赤レンガのホテル」の愛称で倉敷美観地区を代表する施設として多くの皆様にご利用いただいております。

倉敷アイビースクエアが、時代のニーズを取り込んだ魅力的な倉敷の拠点として進化することで、倉敷の発展により貢献できるものと考え、昨年3月9日に迎えたクラボウ創立130周年の記念事業として、施設全般のリニューアルを計画いたしました。その第1期リニューアルとして、昨年10月にオープンした1,000人規模の立食パーティーにも対応できる大型新宴会場「アイビーエメラルドホール」に続き、グレードアップした宿泊棟(3、4号棟)と大浴場が、本年2月2日にリニューアルオープンいたしました。

 

2.宿泊棟および大浴場のリニューアルについて

倉敷アイビースクエアの魅力をさらに高めるとともに、お客様により一層ご満足いただけるよう、宿泊棟(34号棟)と大浴場のリニューアルを実施しました。今回のリニューアルで、より快適性と利便性が向上した新しい倉敷アイビースクエアをお楽しみいただけます。

(1)宿泊棟について

室内空間を広げるとともに、お客様のニーズにきめ細かく対応できるようにゲストルームの構成変更や内装のグレードアップを行いました。ゲストルームは、倉敷らしさと近代化産業遺産(注)にも認定された明治時代に建てられた工場の趣が融合した魅力ある空間となりました。また、エレベーターも新設し、ゲストルームへのアクセスがよりスムーズになりました。

 

 

■ゲストルーム

 エコノミーツインルーム 5215㎡、シモンズ製ベッド 2台、シャワー・トイレ付き)

  温暖な岡山の気候をイメージした柑橘系色調「オーレオリン」と瀬戸内の海・倉敷の名産デニムを

  イメージした「インディゴブルー」をアクセントカラーにしたゲストルームです。

  エコノミーツイン


 ・ファミリールーム 6(45㎡、シモンズ製ベッド 4台、和+洋間、バス、トイレ付き) 

  南向きの障子越しに柔らかな太陽の光が差し込むジャパニーズモダンの趣たっぷりのファミリー向けの

  ゲストルームです。ベッドスペースに2台、畳の和室に2台の4ベッドで、和室は、引き戸で仕切ることで

  室内での過ごし方の違いも気にならない空間となっています。洗い場のある浴室も完備しています。 

  ファミリールーム


 ・スタンダードツインルーム 14(23㎡、シモンズ製ベッド 2台、バス、トイレ付き)

  明治時代に建てられた紡績工場の趣を感じさせるノコギリ屋根の高い天井が、ゆとりを感じさせる空間を

  演出しています。洗面コーナーとトイレはセパレート仕様となっており、洗い場のある浴室も完備しています。

  スタンダードツイン 

 

(2)大浴場について

大浴場は男女共にスペースを広げ、中庭の光を受けるステンドグラスが室内に鮮やかな色彩の光を落とし、大きな円形窓に沿って天井も優しい曲線となった浴室となっており、より快適に過ごしていただけるようになりました。男性用大浴場は「水の湧き出る泉」、女性用大浴場は「緑豊かな森」をテーマにそれぞれ大小3つの浴槽があります。ジェットバスも完備して、手足を伸ばしてリラックスしていただけます。

 ■収容人数 各20名 

 ■浴  槽 各 3漕(内、ジェットバス 1漕)

 ■洗 い 場 (男性用大浴湯)8 (女性用大浴湯)11

 大浴場

 

3.今後のリニューアル計画について

人前式やガーデンウェディングなど様々なスタイルの挙式に活用できる多目的・挙式スペースが、本年4月に完成予定です。また、第2期として宿泊棟(1号棟)のリニューアル工事も本年4月から開始します。今後も倉敷アイビースクエアの魅力をさらに高めるとともに地元・倉敷の皆様からもより一層愛される施設を目指してまいります。

 

4.お問い合わせ先

 ■ニュースリリースに関するお問い合わせ

クラボウ 総務部 広報グループ 担当:山﨑・本多

  〒541-8581 大阪市中央区久太郎町2-4-31  TEL:06-6266-5073  

 

 ■宿泊等に関するお問い合わせ

  株式会社倉敷アイビースクエア 総務部 担当:高橋

  〒710-0054 岡山県倉敷市本町7番2号 TEL:086-422-0011(代)

 

 

以 上

 

 

 

 

(ご参考)

(1)クラボウ(倉敷紡績株式会社)

■事業内容:繊維事業、化成品事業、環境メカトロニクス事業、食品・サービス事業、不動産事業

■設  立:1888年3月9日

■本  社:大阪市中央区久太郎町2-4-31

■資 本 金:220億円

■従業員数:約4,600名(連結ベース:2018年3月31日現在)  

■社  長:藤田 晴哉

 

(2)株式会社倉敷アイビースクエア

■事業内容:ホテル、レストラン、文化施設の経営 他

■設  立:1973年5月28日

■本  社:岡山県倉敷市本町7番2号

■資 本 金:1億円(クラボウ100%子会社)

■従業員数:約200名(2018年12月31日現在)

■社  長:小林 清彦

 (注)近代化産業遺産:

経済産業省は日本産業の近代化の過程を物語る全国各地に残る建造物や機械、文書などの文化遺産群を近代化産業遺産に認定しており、倉敷アイビースクエアおよび敷地内にある倉紡記念館などは、2007年11月に認定されています。

    また、2017年4月に日本遺産に認定された倉敷市の繊維産業発展のストーリー「一輪の綿花から始まる倉敷物語~和と洋が織りなす繊維のまち~」の構成文化財にもなっています。

 

(3)「アイビーエメラルドホール」

倉敷アイビースクエア内に新設した1,000,人規模の立食パーティーを行うことができる倉敷市内では最大級の新宴会場です。国際会議やビジネスイベント、研究・学会発表などのコンベンションホールとしても活用いただけ、ホールは3分割して使用することもできるため、大小様々なニーズにあわせてご利用いただけます。

(1)名  称:アイビーエメラルドホール

(2)面  積:宴会場 約800㎡ (建物の延床面積は約2,460㎡/2階建て)

(3)竣  工:2018年10月1日

(4)収容人数:立食ビュッフェ形式 約1,000名  着席ディナー形式  約500名 

 



ニュース一覧へ戻る
PAGE TOP