チルドレンズ・アート・ミュージアム2016 みんなで描こう!モネの睡蓮

チルドレンズ・アート・ミュージアムとは?

チルドレンズ・アート・ミュージアムは、大原美術館が、2002年から毎年夏休みに開催しているワークショップイベントで、子どもから大人までが美術と出会うきっかけとなる場所。「楽しみながら作品や美術館にふれ、アートを通して豊かな心が育まれる一助になれば」という願いから実施されています。

館内や中庭など美術館のいたるところで、絵を描いたり、物語をつくったり、踊ったりといった10以上のワークショップ、鑑賞ツアーが行われ、参加者はアートの世界を楽しく体験できます。例年、2日間で3000人ほどが来館する、まさに「美術館の夏祭り」です。