チルドレンズ・アート・ミュージアム2016 みんなで描こう!モネの睡蓮

大原美術館について

大原美術館の成り立ち

クラボウの二代目社長大原孫三郎が、先年逝去した画家・児島虎次郎を記念して昭和5年に設立したのが、大原美術館です。孫三郎は、虎次郎の才能と美術に対する真摯な姿勢を高く評価し、3度の渡欧と西洋美術品の収集を支援しました。これを受けた虎次郎は、エル・グレコ、モネ、マティスなどの作品を倉敷にもたらします。大原美術館は、これら虎次郎の収集品の展示を目的に、日本で最初の西洋近代美術館としてオープンしたのです。

モネの睡蓮について

印象派の画家、クロード・モネ(1840-1926)は、後半生、フランス・ジヴェルニーの自宅の庭園に睡蓮の池をつくり、外光を受けて変化する自然の色と光を追求した連作「睡蓮」の制作に没頭しました。美術館には、虎次郎が1920年、直接交渉の末に譲り受けた「睡蓮」を展示。画面全体に描かれた水面からは、木や葉の影の反射、風によるさざなみなどで、時々刻々と変化する水面のようすが伝わってきます。