1888年からの理念

クラボウってどんな会社?

クラボウは1888年(明治21年)、倉敷において綿紡績の会社として創業しました。以来120余年、長い歴史の中でさまざまな技術やノウハウを蓄積し、それらを繊維以外の分野に活かしながら次々に新しい事業にチャレンジしてきました。
現在では創業以来の繊維事業のほか、エレクトロニクス、エンジニアリング、バイオメディカル、そして建材や断熱材などの化成品事業をはじめ幅広く展開しています。
また、創業の地・倉敷に「大原美術館」や「倉敷アイビースクエア」「倉紡記念館」を開設して地域の文化向上に貢献しているほか、大原美術館が地域のコミュニケーション活動として毎年開催する「チルドレンズ・アート・ミュージアム」、大阪市で開催される「御堂筋オープンフェスタ」終了後の清掃活動など社会貢献活動も積極的に展開しています。

幅広い分野で事業を展開するクラボウ

1888年からの理念 倉紡記念館倉敷アイビースクエア 大原美術館