menu

敷料再生装置[フント] FUNTO

牛の使用済み敷料を
サラサラの敷料に繰り返し再生

牛舎の衛生管理や敷料の価格上昇にお困りではありませんか?

FUNTOなら

牛の使用済み敷料を含水率約20%のサラサラでクリーンな敷料に繰り返し再生。
畜産農家の経営効率化衛生管理、牛の飼育環境の向上を支援します。

※装置に投入する使用済み敷料の含水率により、約20%~40%に変動します。

img

ABOUT FUNTOFUNTOについて

敷料再生装置FUNTOは、牛舎で使用した敷料を繰り返し再生できるため、敷料購入費用の大幅な低減を実現するほか、使用済み敷料処理の手間も解決
RPF燃焼装置を組み込んでいるので、資源を有効利用して廃プラスチック問題へも対応。
地球環境にやさしいサーマルリサイクルシステムです。

FUNTOサイクル
  • img

    糞尿を含む使用済み敷料を
    牛舎から回収

  • img

    FUNTOに敷料を投入し
    サラサラな敷料に再生

  • img

    再生した敷料を牛舎に戻す

FEATURESFUNTOの3つの特長

殺菌・乾燥

瞬間殺菌・強力乾燥で、使用済み敷料を再生。

独自の燃焼・廃棄物処理技術(特許出願中)を採用し、使用済み敷料を細かく粉砕しながら、高温で瞬間殺菌・乾燥します。

簡単操作

一人で操作ができる、操作性の高い自動運転。

簡単操作に加えて、メンテナンスも日々の清掃程度で済むため、専門知識や技術は必要ありません。

廃プラ燃料

低コストで環境にやさしいRPF燃料方式。

廃棄物由来の固形燃料であるRPF 燃料を採用。使いやすいペレット形状で、しかも経済的。地球環境保全にも貢献できます。

導入のメリット

  • img

    糞尿・堆肥処理の省力化を実現するほか、悪臭問題や衛生管理などの課題も解決。

  • img

    敷料の購入費用や堆肥処理にかかる人件費などランニングコストの大幅な削減が可能。

  • img

    RPF燃料(廃棄物由来の固形燃料)を使用することで、資源循環型社会の実現に貢献。

OPERATION STEPSFUNTOは自動運転
簡単操作で
敷料を再生します

使用済み敷料の投入から再生敷料の回収まで、少人数での対応が可能。
牛の糞尿を含む固形~半固形状の使用済み敷料を、サラサラの敷料に再生できます。

  1. STEP1使用済み敷料を投入

    糞尿を含む使用済み敷料を牛舎から回収し、原料ホッパに投入します。

    img
  2. STEP2RPF燃料を投入

    廃プラ由来の固形燃料であるRPFを、燃料ホッパに投入します。

    img
  3. STEP3FUNTOを運転

    使用済み敷料とRPF燃料を投入したら、運転ボタンで自動運転開始。専門知識や特殊技術、資格は必要ありません。

    img
  4. STEP4再生敷料を回収

    連続的に製造されるサラサラの再生敷料を回収し、牛舎に戻します。

    img

CASE STUDY導入実績

敷料購入量が
約1/5になりました
農事組合法人高塚酪農組合様(熊本県)

牛頭数:約200頭
導入時期:2021年3月

導⼊前の課題

敷料として購入していた「のこくず」が入手困難となり、価格も高騰したため、一部「かんなくず」へ切り替えましたが、年々経費増となっています。
また、使用済み敷料の処理・処分にも、日々頭を悩ませていました。

導入後
  • img

    敷料問題の不安が解消

    サラサラな再生敷料を牧場内で繰り返し製造可能となり、敷料購入量が約1/5に削減できました。そのため、敷料の安定購入や価格高騰など、長年悩んでいた敷料問題の不安が解消しました。

  • img

    衛生的になり牛も健康に

    再生敷料は高温で殺菌されており、のこくず等の一般的な敷料に比べ細菌数も少なく、以前のように敷料に石灰等を混ぜる必要がなくなり、さらに乳房炎などの病気も減りました。
    また、サラサラで吸水性もよく、ふんだんに使えるため、牛舎内が衛生的になり、牛の健康管理にも役立っています。

  • img

    牧場の規模拡大も視野に

    使用済み敷料を再生敷料として繰り返し再生するため、還元する農地の確保などの心配が減り、処理・処分に必要な農業用機械や人件費等の経費も削減できました。これにより、地域社会への環境負荷低減、共生が実現でき、牧場の規模拡大など畜産農家の経営効率化にも役立つと思います。

FUNCTIONS敷料再生装置
FUNTO 基本構成

FUNTO 基本構成

お客様のご要望に応じて、
最適なスペックをご提案します。

標準設置面積は7m×30m。高さ6m以上で、
風雨対策として屋根下への設置が条件となります。

クラボウとSDGsについて

敷料再生装置FUNTOなどの事業活動は、経営理念「私たちクラボウグループは、新しい価値の創造を通じてより良い未来社会づくりに貢献します。」に基づいており、その目指すところは、 SDGsに通じています。

SDGs

CONTACT製品に関する
お問い合わせはこちら

クラボウ 環境メカトロニクス事業部
エンジニアリング部 環境エネルギー課