ホーム >> 事業部概要 >> 環境メカトロニクス事業部(エレクトロニクス分野)の歴史

事業部概要



環境メカトロニクス事業部(エレクトロニクス分野)の歴史

1888 有限責任倉敷紡績所 設立
1963 技術研究所 設置
1976 情報開発部 設置 (後に事業部へ組織変更)
1978 カラーマッチングシステム「AUCOLOR」 開発
1981 自動計量装置「AUKITCHEN」 開発
1985 赤外線膜厚計「KG-100」 開発
1986
色認識装置「KC-100」 開発
ラスター/ベクター変換システム「KS/KL」 開発
1987 電子機器開発部 設置 (後に電子応用システム部へ改称)
1988 株式会社クラボウテクノシステム 設立
配色シミュレーションシステム「AUPIER」 開発
1989 寝屋川工場内に開発センター 開設
1996 クラボウ非繊維事業拡大のため情報開発事業部と電子応用システム部を統合しエレクトロニクス事業部 設置
1999 細密缶外面検査装置 開発
2000 三次元写真計測システム「Kuraves-K」 開発
2003 座屈缶検査装置 開発
2004 中国紹興にショールーム 開設
東京テクニカルセンター 開設
2005 寝屋川テクニカルセンター 開設
2006 基板外観検査装置「BBmasterシリーズ」 開発
2016 クラボウ先進技術センター 開設

組織合理化のため、エレクトロニクス事業部、エンジニアリング部、バイオメディカル部を統合し、環境メカトロニクス事業部 設置




↑ページの上部に戻る

アクセスマップ クラボウへお越しの際はこちらをご覧下さい