マゼルスターとは

マゼルスターとは

混ぜる・泡抜きは、マゼルスターにお任せ!

KURABO攪拌機は強化ボディ!衝撃に強く、色々な材料に対応します!

当社 環境メカトロニクス事業部エレクトロニクス分野が、高粘度印刷インキ用に小型の攪拌・脱泡装置を販売開始したのは約25年前…
それ以来ご好評をいただいて来ました遊星式攪拌・脱泡装置マゼルスター…
その間、ユーザー様の課題・市場ニーズに応えて開発と改良を重ね、現在では幅広い業界において、特に新規開発・生産用の汎用機、更には必需品として成長して参りました。
クラボウは攪拌・脱泡のさらなる技術向上を目指しています。
これからのマゼルスターにご期待ください。

お客様の課題
  • check_box気泡が製品品質に悪影響を与えている。
  • check_box材料成分が変わるので、真空装置を使いたくない。
  • check_box違う性質の材料どうしの攪拌が困難だ。
  • check_box材料の粘度が高く、取扱いが大変だ。
  • check_boxロールミルや攪拌羽根で粒子形状を壊したくない。
  • check_box容器や装置の洗浄が面倒だ。
  • check_box人手だと個人差が大きく、品質がバラバラだ。
  • check_box必要な時にすぐに対応したい。
  • check_box一定時間内でたくさん処理したい。
マゼルスターで解決!
  • check_box遠心力+容器自転調整で真空を使わずに脱泡!
  • check_box公転と自転の速度バランス調整で、比重や粘度の違う複数材料どうしの均一混合が可能に。
  • check_box数十万mPa・sレベルの高粘度でも、連続的に発生する強力なG(重力加速度)の複数ベクトルの組み合わせで可能。
  • check_box非接触方式で粒子形状を維持。
  • check_box容器内部(密閉系)で処理し、洗浄不要。
  • check_box短時間・一定時間で個人差なく処理でき、生産スケジュールが組み易い。

「遊星回転」とは

攪拌・脱泡革命!

材料の入った容器を「公転させながら自転(=遊星回転)」させることにより、攪拌棒・羽根や真空引き装置を使用せずに、攪拌/混練と脱泡を同時に短時間で行います。

2つの独自機構で幅広い材料に対応。

さらにマゼルスターでは、幅広い材料や処理目的にいかんなく発揮させるため、次の独自の機構を採用しています。

機構その1

公転速度/自転速度比独立可変 (一部機種を除く)

機構その2

可変運動連続ステップ機構(最大5ステップ)

さらに「真空装置付き」もラインナップ。

真空装置付きマゼルスターも用意しています。高性能真空ポンプを採用し、余裕の真空減圧能力をもっています。
また、NASAで開発された磁性流体シール採用により、真空化によるメカへの負担を最小限にすることで、従来機並の耐久性を実現しました。
こうした親切安全設計の真空化機能により、ひとクラス上の脱泡を実現します。

真空機構のメカニズム

高い実効真空度

信頼性の高い真空度管理

モーター・電気系統への真空遮断構造(安全設計)

真空機構のメカニズム

マゼルスターは簡単操作!

操作盤もシンプルで
設定も簡単です

チャンネル  ステップ  公転レベル  自転レベル

機種 KK-V350Wの操作パネル
4つのキーでデータ変更は簡単操作!

目標真空度

機種KK-V350Wの操作パネル

機種 KK-V350Wの操作パネル