CSR

環境負荷

全体像・環境目標 環境負荷の低減 化学物質の管理・省資源

全体像

 クラボウグループは、常に品質の高い製品やサービスを市場に提供し、生活文化の向上に貢献すると共に、事業活動に伴う環境負荷についても、その実態を正確に把握し、環境負荷の低減に努めています。
 2016年度のクラボウグループのマテリアルフローは以下のとおりです。

 

PAGE TOP

環境目標

  クラボウグループでは、計画的に環境保全活動を推し進めるため、中期環境目標(3ヵ年の数値目標)を設定し、地球温暖化防止や資源の有効活用に努めています。 
  CO2排出量の削減については、エネルギー使用効率を高めるため、絶対量を生産量等の指標で割った原単位ベースでの削減を目標に掲げて活動してきましたが、基準となる2015年度に比べて生産量が減少しエネルギー使用効率が悪化した事業所も多く、不充分な結果となりました。生産量の変動による影響はありますが、中長期的観点から着実にCO2排出量を削減できるように、継続的に省エネ活動や省エネ投資を実施していきたいと思います。
 また、ゼロエミッションの推進については、これまで充分に成果が上がっていることから、現状を維持し少しでも向上させるため、再資源化率0.1%向上を目標として活動しましたが、再資源化率は基準年度と同じ97.4%となり、現状維持という結果になりました。しかし、ゼロエミッション達成事業所は、前年より3事業所増えて27事業所となり、内容的には活動の成果が上がっています。

 

目標項目目標実績
 CO排出量の削減  原単位での削減 2015年度比
1.0%削減 

0.3%削減 

ゼロエミッション推進 再資源化率の向上

2015年度比
0.1%向上

0.0%

(現状維持)

PAGE TOP