エレクトロニクス事業部クラボウのエレクトロニクス技術の深化をお届します。

クラボウの会社案内はこちら

ホームへ 製品検索 導入事例 サポート 知識の部屋 問合せ・資料請求 事業部概要 サイトマップ

ホーム >> 知識の部屋 >> 赤外線の話 (1-1.赤外線とは)

赤外線の話

1.赤外線の話

1-1.赤外線とは

光の波長について、人が感知できる光線領域を可視領域、その長波長端『赤』より『外』側が赤外線領域、可視領域の短波長端『紫』より『外』側を紫外線領域といいます。またさらに、赤外線領域のなかで最も可視域に“近い”領域を近赤外領域、一方最も“遠い”領域を遠赤外領域、その“中間”の領域を中赤外領域といって分類します。ところで光はその振動数(波長の逆数)に応じたエネルギーを有しています。振動数(波長)とエネルギーの大きさの関係を示すと図1のようになります。


図1 光の波長、振動数、エネルギーの関係
図1 光の波長、振動数、エネルギーの関係




プライバシーポリシー