エレクトロニクス事業部クラボウのエレクトロニクス技術の深化をお届します。

クラボウの会社案内はこちら

ホームへ 製品検索 導入事例 サポート 知識の部屋 問合せ・資料請求 事業部概要 サイトマップ

ホーム >> 知識の部屋 >> 赤外線の話 (3-6.適用範囲の拡大)

赤外線の話

3.赤外線膜厚計の話

3-6.適用範囲の拡大

赤外線膜厚計は測定対象物によって機種の選定や干渉フィルタ、検出器等の部品を選定する必要があります。そのためには豊富な知識と経験が必要であり、上記選定により、従来、測定が不可能だった測定対象物が測定可能にもなります。


赤外線膜厚計を構成している部品も日々の性能向上や新製品が提供されてきており、マイクロプロセッサの技術革新と共にさらに進歩するでしょう。最近は有機被膜だけでなく燐酸、シリコーン(SiO2)やアルミナ(Al2O3)などの無機酸化物も金属上のコートやフィルム上の蒸着膜も材質の組み合わせによっては測定可能となってきています。


今後、各ユーザーとの協力や情報交換を密着にすることにより、これらの装置の性能、機能を更に向上し、また目的にあった新たな機種を供給することができ、各分野での用途もさらに広がっていくでしょう。




プライバシーポリシー