製品・技術

  • 製品・サービス
  • カタログ・取扱説明書
  • 製品FAQ
  • 技術情報

製品・技術 製品・サービス

細胞・組織製品

製品・サービス

細胞培養足場材料

SVXgro spidersilk protein

< 前ページへ戻る

特長・用途

特長

●クモの巣のDragline(引き糸、図参照)のたんぱく質を昆虫細胞培養で合成したナノファイバーです。
●強酸、強アルカリ、有機物、界面活性剤に持耐性があります。
●スフェロイドを大きく、安定的に長期維持します。スフェロイド培養に行き詰まった方や、これから始められる方にも推奨します※使用細胞例参照
●非動物由来原料
●細胞・培地に混ぜるだけで使用可
●スフェロイドに小さな隙間を作ることで、培養が効果的になります
●プレートコーティング材としても使用できます

性能

●細胞毒性:MTTアッセイ(L929細胞)による安全性評価問題なし
●生体適合性:非免疫原性、非腐食性
●薬剤耐性:非水溶性、有機溶剤耐性、界面活性剤耐性
●トリプシン処理で細胞から剥離可能
●顕微鏡下で観察可能

使用細胞例

●L929(増殖能、生存率向上など)
●凍結ラット肝細胞(機能、スフェロイド維持能向上など)
※分離直後のラット肝細胞でもスフェロイド形成が確認できています。)
●hMSCs(スフェロイド維持能、増殖能、生存率向上など)
●iPS細胞 3株 (スフェロイド形成)

Page Up