小腸モデル SMI

特長・用途

Character And Applications

品質特性:ヒト正常小腸上皮細胞構成タイプの気管支モデル

ヒト小腸上皮に近い3次元構造

特長

MatTek corporation(USA)により開発

すぐに実験が可能、簡単な操作法で安全性実験が行えます。

  • 独立した培養カップに培養されており取扱いが簡単です。
  • MTTアッセイキットを用いて培養カップごと簡単に実験可能です。

モデル表面が空気曝露の状態

  • 脂溶性サンプルやクリーム,粉体状のサンプル塗布、タバコなどガス暴露が可能です。

用途

消化管毒性

炎症・線維化研究

ドラッグデリバリー・代謝

感染研究

創傷治癒

品質管理

  • 目視観察をしています。 またSMI-100関連キットでは、品質管理試験としてTEER測定を実施しています。 出荷後保管したSMI-100をTEER装置(EVOM2,チャンバー;EndOhm-12G)、TEER Bufferを用いてTEERを測定します。 アッセイ法はMeasurement of Transepithelial Electrical Resistance (TEER) and Potential Difference (PD) Protocolを参照ください。 ※製品が品質基準外で不合格の際は弊社より納品後、1週間以内にご連絡させていただきます。

アプリケーション

ドラックデリバリー/Drug Delivery (Intestinal)
線維化/Intestinal Fibrosis
薬物動態/Drug Metabolism
炎症/Inflammation

製品情報1

モデル

仕様

小腸モデル複数個と培地、試薬、実験に必要なプレート類を含むキットです。皮膚モデルはコラーゲンコートされた培養カップ(Culture insert)に構築されており、納品すぐに実験開始できます。

組織構造

SMI-100は3-4層の多層構造を有する。

生産&出荷

全て受注生産、特定出荷日に通常月1回(常温輸送)出荷します。詳細は『注文・納品ページ』と出荷カレンダーにてご確認ください。モデルは生産ごとにロット番号があり品質管理をしています。

細胞

由来

正常ヒト小腸上皮細胞(Normal human small intestinal epithelial cell ;SIEC) のドナー由来の細胞を使用。

感染

全ての細胞は微生物,マイコプラズマ,B型およびC型肝炎ウイルス,HIV-Ⅰウイルスについて汚染のないことを確認しています。

インフォームドコンセント

インフォームドコンセントが得られた細胞を使用しています。

製品情報2

培地

培地

DMEMを基礎培地とした無血清培地を使用しています。

増殖因子など

EGFおよびその他成分を添加しています。

抗菌剤・抗生物質

ゲンタマイシン5μg/ml,アンフォテリシンB0.25μg/ml含有しています。

専用培地はSMI-100維持培地 SMI-100MMです。

製品内容

Product Content

製品名 SMI-100キット
製品番号 SMI-100
製品内容 小腸モデルカップ(8.8mm) 24個
PBS洗浄液、SMI-100維持培地
皮膚モデル培養専用12ウェルプレート
保存 キット;室温保存、納品後直ちに実験開始
専用培地;4℃遮光保存
品質管理 マイコプラズマ,微生物,B型・C型肝炎ウイルス,HIV-Ι感染ウイルス;陰性

技術資料

Technical Data

提携先MatTek社

Partner

製造元 MatTek corporation

所在地;200 Homer Avenue Ashland, MA 01721 U.S.A.
設立;1985年

MatTek Corporation はティッシュエンジニアリング分野でヒト組織構築の生産において高い技術を有する世界的なリーダー企業です。
EPI-200およびその関連モデルはMatTek Corporationが1993年ヒト細胞から構築したin vitro系3次元モデルであり、販売開始以来様々な実験に利用され海外・日本での多くの実績があります。
現在ではさらなる技術発展により口腔上皮モデル、歯肉モデル、気管上皮モデル、子宮膣部上皮モデルなどが発売されています。