Electronics Field. 環境メカトロニクス事業部 エレクトロニクス分野 クラボウのエレクトロニクス技術の深化をお届けします。 クラボウホ−ムペ−ジヘ

ホームへ 製品検索 導入事例 サポート 知識の部屋 問合せ・資料請求 事業部概要 サイトマップ
 
ホーム >> 知識の部屋 >> 色の話



<<-- 知識の部屋 TOP
色の話
1. 色彩学の基礎知識
1-1. 色の認識
1-2. 視野角
1-3. 色のあらわし方
1-4. 混色の種類
1-5. 物体色の測定
1-6. メタメリズムと演色性
   
2. 色の差を読む
2-1. CIE1976Lab色差式
2-2. CMC(1:c)色差式
2-3. CIE94色差式
2-4. 各色差式の現状とその他色差式
   
3. 調色業務における色の企画と設計
3-1. 色処方の設計
3-2. CCMに求められること
   
4. 色を処方にする
4-1. 色を濃度で見る
4-2. 複数の色を混ぜる
4-3. 色剤個々の色を予測する
4-4. 色を合わせる
   

関連商品

CCMシステム
 
 1.色彩学の基礎知識

 1-4.混色の種類

色は物がなくても光があれば見える前述したように、光は波長ごとの特有の色があり、虹として私たちが見ている7色は分光された光そのものです。また、カラーテレビで私たちが見ている色も光の色です。光の色は、それぞれの色光を混ぜると各々の三刺激値が加算された刺激になります。

このように混色によって刺激強くなるものを加法混色と呼びます。一方、色フィルタの重ね合わせの場合は、重ね合わせることによって光の透過が減少します。このような混色は減法混色と呼ばれ、インキや染料・顔料の混合も減法混色に属します。

 

  光の色 物の色(物体色)
  色光の重ね合わせ 色フィルタの重ね合わせ インキや染料・顔料の混合
原色 赤・緑・青
R・G・B

イエロー・マゼンダ・シアン
Y・M・C

黄・紅・藍
Y・R・B

混色 加法混色 減法混色 減法混色
明るさの
表現
明るい−暗い
Bright−Dark
白い−黒い
White−Black

図11 混色理論
 

加法混色では比較的簡単に混色結果を予測することができるのに対し、減法混色の結果予測は複雑です。また、インキや染料・顔料の混合では、着色する素材の影響もあり現象をより複雑にしています。
本稿では、インキや染料・顔料の混色に主題をおいて説明するので、光の混色については省略しました。




 
 
前へ   次へ
 
プライバシーポリシー